沿革(浮羽町、吉井町 2町合併してうきは市へ)

浮羽町と吉井町が平成17年の合併によりうきは市となりました。 浮羽町社会福祉協議会・吉井町社会福祉協議会・うきは市社会福祉協議会のあゆみを年表にしています。

浮羽町社会福祉協議会、吉井町社会福祉協議会

昭和26年
浮羽町
  • 4地区民協総務の合議運営
    4地区民生委員協議会の合併により民協中心の福祉活動が町における社会福祉協議会活動の前進と考えられる。
  • 生活困窮世帯の救済と低所得世帯の援護を中心にした事業が民生委員の活動として役場厚生課業務の中で実施。
昭和30年
吉井町
  • 任意団体吉井町社会福祉協議会発足
    事務局 役場 厚生課
  • 民生委員事業として「心配ごと相談事業」開始
昭和31年
浮羽町
  • 任意団体 浮羽町社会福祉協議会発足(社協会則の整備)
    会長(町長)、理事24名、監事2名、事務局役場厚生課。
  • 援護事業と一部団体等の事業助成を実施。
  • 世帯厚生資金貸付業務が役場厚生課の主管で実施。
  • 低所得世帯の生活相談に応じるため民生委員協議会の事業として「心配ごと相談事業」を開始。
昭和33~35年
浮羽町
  • 評議員会の設置(61名)
  • 実質的な民間福祉事業をすすめていくための組織づくりと運営基盤の整備がはかられる(会則の変更)
  • 浮羽町社会福祉協議会の活動要領が打ち出され、はじめて年度内の事業計画が立てられ活動への方向付けが行われる。
  • 歳末たすけあい運動を一部寄付者による小規模事業として実施。
昭和33~35年
吉井町
  • 世帯更正資金貸付事業業務開始
  • 歳末たすけあい運動実施
昭和38年
浮羽町
  • 事務局に選任職員を配置
  • 住民運動を展開してゆくための住民組織の拡大と強化をはかり、事業実施に必要な諸規程の整備を行い、団体参加による住民福祉活動へ足がかりができる。
  • 福祉部会(民生・保健・青少年・老人)4部会の話し合い活動が始まる。
  • 社協だより第1号発行
昭和39年
浮羽町
  • 民間福祉事業団体の基盤整備のため社会福祉法人法人化促進への方向づけを行う。
  • 基本財源の確保のため日本大相撲の興行を主催。
昭和40年
浮羽町
写真:基盤財源確保のため大相撲興行 (昭和39年12月9日 御幸小学校にて)
  • 相撲興行益金を財源に奨学資金貸付制度発足。
  • 民生部会では、生活改善運動の一環として、「葬儀改善申合事項」を作り、全世帯に協力を呼び掛けた。
  • 援護世帯、母子世帯、老人身障世帯、援護児童を対象に福祉問題調査を実施、実態把握を行う。
昭和41年
浮羽町
  • 社会福祉法人の認可申請(7月)
  • 町内に心臓手術に必要な新鮮血液確保の指名献血実施が続発、これが動機となり、保健福祉部会において住民相互のたすけあいの組織づくりが提起され献血推進協議会が献血運動推進母体として発足。(規約)
昭和42年
浮羽町
  • 社会福祉法人 浮羽町社会福祉協議会設立発足。(2月)
  • 選任の常務理事の設置と独立した事務所を設け、民間団体の性格が明確に運営の基盤確立。
  • 老人福祉部会活動から老人学級を開設。社会教育活動で継続。
  • 老人福祉週間行事として第1回金婚祝福の会を開催。
  • 民生福祉部会において結婚相談窓口の必要を把握、結婚相談所を開設。
  • 第1回町社会福祉大会開催。
昭和43年
浮羽町
  • 住民との結びつきをはかるため、福祉部会において会員制度について検討。
  • 子どもの遊び場町補助事業に上積みが必要なため社協補助制度の実施。
  • 老人家庭奉仕員派遣事業実施を町へ要望。
  • 全世帯の20%を対象に住民意識調査を実施、活動の方向づけを行う。
昭和44年
浮羽町
  • 老人家庭奉仕員派遣制度の町実施に先だち社協の民間活動として派遣活動を開始。
  • 家庭環境づくり運動の一環として、出稼世帯の実態調査を行い、「愛の便り運動」を推進。
昭和45年
浮羽町
  • 老人家庭奉仕員派遣(町委託事業)
  • 民間人による船員の会長就任実現。名実ともに民間福祉事業団体の性格と機能の発揮に向かって充実した体制確立。
  • 町内の相談所の窓口集約をはかり、各相談業務の相互機能を発揮していくため月1回の総合相談日の開設をはじめる。
昭和45年
吉井町
  • 老人憩の家経営受託
  • 老人家庭奉仕員派遣受託
昭和46年
浮羽町
  • 昭和43年から福祉部会において検討をつづけてきた会員制については、関係者との協議の結果、まず賛助会員から段階的に全戸加入の会員制に移行していくことになり、賛助会員制を発足。
  • 心身障害児生活実態調査、妊産婦と乳幼児の母親を対象にしたアンケートの実施。
昭和47年
浮羽町
  • 老人福祉電話設置の要望。
    老人実態調査のなかで電話のないひとり暮らし老人、老人世帯に緊急連絡と孤独感をなくすための声かけに電話の必要が確認され、有線放送電話自動化を機会に福祉電話を設置実現を要望。
昭和48年
浮羽町
  • 心身障害児親の会の主体的な取り組みを促進するため、当事者の意識昻揚に努力。
  • 奨学資金貸付期間を短期大学まで5年間に延長実施。
昭和48年
  • 事務局、町役場の一室に移転
昭和49年
浮羽町
  • 運営機構の改正
  • 福祉部会をその都度、必要な構成で運営をする問題別福祉委員会に改正(福祉委員委員会規程)
  • 理事会の構成を常時社協の運営、事業の推進に専念できる構成への改正の提案
  • 心身障害児母の会を中心に在宅心身障害児の通園、通所事業の必要が提案される。
昭和50年
浮羽町
  • 運営機能の改正(理事の構成と定数の改正)
  • 生活の無駄をなくす住民運動のなかで冠婚葬祭改善の問題が提起され、祭壇貸出の制度実現への住民の大きな要望があり、そのための意向調査、話し合いの場が繰り返し行われる。
  • 共同募金会、分会業務を町から移管を受ける。以後社協の組織、運営機構がそのま共同募金会業務運営にあたる。
昭和51年
浮羽町
  • 葬儀祭壇貸付事業の発足
  • 在宅老人の福祉を高める事業
    安否確認のヤクルト配達実施、70歳以上に黄色い安全杖交付
  • 社協だよりを合併広報誌から独自発行へ
昭和52年
浮羽町
  • 在宅者福祉事業の推進
    在宅ねたきり老人介護実態調査の結果、介護者の介護軽減をはかるため入浴サービス事業、給食サービス事業の必要性が提起される。在宅精神薄弱児・者の実態と母親の意識調査の結果、母の会集会所を拠点に、精神薄弱児・者の通所事業の飛鳥が問題として提起される。
昭和54年
浮羽町
  • 在宅ねたきり老人の訪問入浴サービス開始
    浮羽ライオンズクラブより移動浴槽等器具の寄贈があり、社協財源による自動車購入。必要な器材備品の整備。
昭和55年
浮羽町
  • 精神薄弱児・者簡易通所事業開始
    当事者である親、家族の会の活動意識を確認、白鳥の会集会所を事業の実施場所に 整備を行い、指導体制を確立して事業開始。
  • ひとり暮らし老人食事サービス事業開始(民協と協同により実施)
  • 一人暮らし老人食生活実態調査
昭和55年
吉井町
  • 社会福祉法人吉井町社会福祉協議会発足
    (理事10名、監事3名、評議員21名)
昭和56年
浮羽町
  • 年頭一斉献血全地区で実施
  • 福祉教育推進のため町社協独自の奉仕活動指定校事業発足
昭和57年
浮羽町
  • 老人家庭奉仕員の制度改正に対応していくため実態調査
昭和57年
吉井町
  • 結婚相談所を開設
昭和58年
吉井町
  • 事務局が吉井町中央公民館の一室に移転
  • 社協だより「福祉の広場」創刊(毎月発行)
  • 一人暮らし高齢者交流会事業開始
  • 寝たきり老人介護者研修会事業開始
昭和59年
吉井町
  • 福祉ベル設置事業開始
  • 入浴サービス事業開始(ひじり園にて)
  • 歳末たすけあい運動として吉井幼稚園児による餅つき開始(一人暮らし高齢者への配布、民生委員児童委員協力)
  • 朗読ボランティア「ともしび会」発足・支援(視覚障害者への朗読テープ配布)
  • 全社協主催「わがまちの広報活動展」にて「福祉の広場」が入選
昭和60年
吉井町
  • 福祉に対する住民意識調査実施
昭和61年
浮羽町
写真:浮羽町社会福祉会館
  • 一人暮らし・老人夫婦世帯を対象に生活実態調査実施
  • 食事サービスを週1回から週2回実施
  • ひとり暮らし老人を対象に「会食のつどい」始める(民生委員協力)
  • 社協事務所を体育館内に移転
昭和61年
吉井町
  • 第1回吉井町社会福祉大会を開催
昭和62年
浮羽町
  • 福祉給食事業(月~土曜日、昼・夕配食)の実施
  • 子育て相談窓口開設
  • 白鳥の会簡易通所事業一時中止
昭和62年
吉井町
  • 第1回住民福祉講座開催
  • 環境問題への取り組み開始(水生生物調査、廃油石鹸作り)
  • 精神薄弱者親の会発会・支援
昭和63年
浮羽町
  • 福祉委員設置の研究
昭和63年
吉井町
  • 「夏休み体験塾」開催 ~平成16
平成元年
浮羽町
  • 愛のネットワークモデル地区事業開始 大石地区を指定
平成元年
吉井町
  • 献血推進協議会事務を町から移管される
  • 共同募金会分会事務を町から移管される
  • 「春休み体験塾」開催 ~平成2
平成2年
浮羽町
  • 区単位の「福祉懇談会」への積極的参加
  • 介護家族のつどいを実施、家族の会発足。
  • 緊急通報カードをひとり暮らし高齢者宅に設置(消防署、民児協協力)
平成2年
吉井町
写真:総合福祉センターふれあい荘
  • ふれあい電話相談事業開始(民生委員女性部による電話による高齢者安否確認開始)
平成3年
浮羽町
写真:ふれあいセンター大石(平成12年)
  • 愛のネットワークモデル地区 山春、小塩地区指定
    浮羽町ではじめて小塩公民館が福祉大会を開催
  • 福祉給食事業、訪問入浴サービス事業を受託実施。
  • 心身障害者の共同作業所白鳥の家開所
  • 福祉委員設置推進(平成5年度には全区に設置される)
  • 浮羽町ボランティア連絡協議会発足・支援
  • 地域福祉活動計画策定委員会設置
  • 福祉委員だより発行開始(毎月)
平成3年
吉井町
  • こどもの遊び場補助事業開始(補修のみ)
平成4年
浮羽町
  • 福祉モデル地区指定を受ける(福岡県社協助成事業:平成4年~5年度)
  • 愛のネットワークモデル地区指定(妹川、新川、田篭、御幸)
  • ボランティアセンター開設
    ボランティアコーディネーター設置 月・水・金 直通電話設置
  • 地域福祉活動計画策定(平成4年度~平成8年度)
平成4年
吉井町
  • 緊急通報装置設置事業開始
  • 第1回ボランティア研修会開催
  • 調理ボランティアかりん」発足・支援
  • いきいき料理教室開始
  • 無料法律相談事業開始
平成5年
浮羽町
写真:ふれあいセンタ小塩(平成13年)
  • ボラントピア事業の指定を受ける(国庫補助:平成5年~6年度)
    ボランティアセンター開設週5日へ
  • うきうき福祉サービスの試行(会員互助組織)
    小修理と移送のサービス
  • 4部会の規程制定・施行
    (福祉教育・財政部会、高齢者福祉部会、障害者・児童福祉部会、ボランティア部会)
  • 福祉委員設置規程制定(町内全地区に福祉委員が設置される)
  • 介護食意向調査
平成5年
吉井町
  • 精神薄弱者福祉相談事業開設
  • パソコン点訳ボランティア「点筆の会」発足・支援
平成6年
浮羽町
  • ボランティアセンター活動事業指定を受ける
    ボラントピア事業からの移行(国庫補助事業:平成6~8年度)
  • 福祉懇談会最多回数となる 86回
平成6年
吉井町
  • 総合福祉センターふれあい荘管理運営受託
  • 事務所、総合福祉センターふれあい荘へ移転
  • 給食サービス事業受託
平成7年
浮羽町
写真:中鶴区福祉マップ作り(平成15年)
  • よりあい(ミニデイサービス)始まる
  • 浮羽町ハンディキャブ運営委員会発足(会員互助組織)
    うきうき福祉サービスから移送部分を分離
平成7年
吉井町
写真:119通報カード配布事業
  • 119通報カード配布事業開始
  • 在宅介護者のつどい開催
平成8年
浮羽町
  • 住民会員制実現 規程制定・施行
  • ホームヘルプサービス利用希望調査実施
平成8年
吉井町
  • 子どもの遊び場補助事業(新規遊具購入にも補助開始)
  • 金婚祝賀会の開催
平成9年
浮羽町
  • デイサービスC型事業を町から受託運営始める
  • ふれあいのまちづくり事業指定を受ける(国庫補助事業:平成9年度~13年度)
  • 「モデル福祉会」指定要項制定(平成9~11年度) 古川村指定
  • 福祉用具無料貸出事業開始
  • 暮らしの相談員配置 毎日相談窓口を開く体制となる
  • 弁護士無料相談窓口設置 1回/月
  • 第2次地域福祉活動計画策定(平成9~13年度)
  • 公的介護保険対策委員会設置
平成10年
浮羽町
  • ホームヘルプサービス、訪問入浴サービスの原則365日対応開始
  • デイサービスの土曜日対応開始(認知症高齢者対象)
  • 福祉給食サービスの祝日対応開始及び盆・年末年始休の短縮実施
  • モデル福祉会が11カ所に増える
  • 地区社協組織化検討委員会設置
平成10年
吉井町
  • 小地域ネットワーク事業(福祉委員制度)について取組み開始
  • ホームヘルパー養成講座(3級課程)開催
平成11年
浮羽町
  • 地区社協の浮羽町版として大石公民館組織に「ふれあいセンター大石」発足
  • インターネット上に浮羽町社協ホームページ開設
  • 介護保険事業者として福岡県知事の指定を受ける(4事業)
    訪問介護事業、訪問入浴介護事業、通所介護事業、居宅介護支援事業(ケアプラン)
  • 福祉レクリエーション遊具の貸出を始める
  • ふくおかボランティアのつどい inうきは 開催協力<
  • 障害者相談窓口開設
平成11年
吉井町
  • 小地域ネットワーク事業モデル地区事業開始 (4行政区に福祉委員設置)
  • ふれあい・いきいきサロン事業開始
  • 中高生ワークキャンプ事業開始
平成12年
浮羽町
  • 小地域福祉問題調査活動(福祉マップ)啓発ビデオ制作
  • 地域福祉権利擁護事業利用支援開始(試行後、補助事業へ)
  • 介護保険事業者として事業開始(4事業)
平成12年
吉井町
  • 在宅介護支援センター事業受託
  • 介護保険事業開始(3事業) 訪問介護、訪問入浴介護、居宅介護支援事業
  • 障害者ホームヘルプ事業受託
  • 高齢者生きがい活動支援通所事業の運営受託
平成13年
浮羽町
  • 地域福祉活動啓発ビデオ制作
    • 私たちの社協活動
    • 浮羽町の「よりあい」活動
    • 小地域福祉問題調査活動(福祉マップづくり)
  • 障害者生活支援事業検討委員会設置
  • 葬祭事業検討委員会設置
平成13年
吉井町
  • 全行政区に対し福祉委員の設置依頼
  • 高齢者外出支援サービス事業受託
平成14年
浮羽町
  • 福祉小座談会で各区の福祉問題把握(36区)
  • ボランティア実践者アンケート(220名)
  • 全福祉委員活動アンケート調査実施
  • 斎場建設委員会設置(9回)を経て斎場建設委員会設置
  • JA・社協浮羽地区斎場検討会設置
  • 精神障害者居宅介護事業の実施届出
平成15年
浮羽町
  • ふれあいセンター活動モデル事業 大石地区指定
  • 共同作業所白鳥の家から「身体障害者小規模通所授産施設白鳥の家」に移行、利用者宿泊訓練の試行、パン工房の検討
  • 吉井・浮羽合併特別委員会設置
  • 社協サービス評価アンケート調査実施(延506名)
    評価アンケート結果を受け、デイサービスセンターで「認知症高齢者ナイトケア」の試行開始
平成15年
吉井町
  • 吉井・浮羽合併特別委員会設置
平成16年
浮羽町
  • 福祉サービス利用援助事業(権利擁護事業)開始
  • ふれあいセンター御幸が発足し全地区に組織化完了
  • うきは斎場竣工(11月)事業開始(12月)
  • よりあい・福祉会活動検討特別委員会
平成16年
吉井町
  • 浮羽町社協との合併契約を調印
平成17年
浮羽町
  • 2月28日 法人解散
平成17年
吉井町
  • 2月28日 法人解散

うきは市社会福祉協議会

平成17年
うきは市
写真:うきは市社協開所式(平成17年)
  • 3月1日 社会福祉法人うきは市社会福祉協議会発足
  • 3月1日 福祉委員だより「福祉委員のかわら版」第1号発行
  • 3月15日 社協だより「ふくしのかわら版」第1号発行(全戸配布)
  • 12月「育児用品についてのアンケート」実施
平成18年
うきは市
写真:スワンベーカリー(平成18年)
  • 2月 うきはブロック介護サービス事業所連絡会加入
  • 3月 スワンベーカリー竣工式
  • 4月 白鳥の家 パンの家「スワンベーカリー」オープン
  • 6~9月 歳末配分事業あり方検討委員会(5回)
  • 7~12月 育児用品リサイクル検討委員会(5回)
  • 7月 事務所移転対策プロジェクト委員会
  • 8月・11月 デイサービスセンター建設委員会
  • 10月 障害者相談支援事業開始
  • 10月 育児用品リサイクル事業開始
  • 11月 うきは市デイサービスセンター増築工事竣工式
平成19年
うきは市
  • 1月 育児用品リサイクル貸出開始
  • 8月~平成20年8月 地域福祉活動計画策定委員会(全7回)
  • 9月 地域福祉活動計画策定に伴う市民意識調査実施
写真:総合福祉センター開所(平成19年)
  • 10月 うきは市総合福祉センター開所(指定管理者となる)
  • 10月 吉井事務所移転
  • 10月 うきは市障害者地域支援センター「ほっとスペースうきは」開所
  • 10月~平成20年1月 地域福祉計画・地域福祉活動計画策定に伴う地区座談会
    (22か所×2回)
平成20年
うきは市
  • 3月~6月 地域福祉活動計画策定プロジェクト委員会(全7回)
  • 4月 育児用品リサイクル貸出事業を子育て支援センター「こども交流室」に移管
  • 6月 「あったか宅配サービス」試行実施、「暮らし安心サービス」試行実施
平成21年
うきは市
  • 3月 浮羽事務所移転
  • 4月 喫茶「あひるの子」オープン(うきは市民センター2階)
  • 8月 第1回うきは市社会福祉大会実施
  • 8月 買い物に関するアンケート実施
平成22年
うきは市
  • 2月~10月 高齢者等買い物支援特別委員会開催(全4回)
  • 5月 第2回高齢者等買い物支援に関するアンケート実施(小塩・山春・大石地区)
  • 7月 不登校・ひきこもり相談支援事業を受託
  • 9月~平成23年2月 緊急・災害時対応マニュアル策定プロジェクト委員会(全9回)
  • 9月 「ボランティアに関する住民アンケート」の実施(1,800名)
平成23年
うきは市
  • 第4代会長に坂手進氏就任(6/1)
  • 大規模災害時に備え「災害時相互支援協定」を両筑地区6社協で締結
  • うきは市と「うきは市災害ボランティアセンターの設置・運営に関する協定書」を締結
  • うきは市災害ボランティアセンターマニュアルを策定(職員代表プロジェクト委員会策定)
  • 東日本大震災被災地の福島県浪江町社協に職員1名派遣(現地8日)
  • 身体障害者小規模通所授産施設白鳥の家を障害者自立支援法に基づく新体系へ移行(10/1)
    • 施設名称 「ワークサポート白鳥の家」
    • 事業「就労移行支援事業」と「就労継続支援事業B型」
  • 地区地域福祉活動計画策定支援
    • ふれあいセンター妹川と江南公民館福祉部が策定(5年計画)
平成24年
うきは市
  • ワークサポート白鳥の家新作業棟竣工(3月)
  • 第2期地域福祉活動計画策定(市地域福祉計画と一対)
    • 市民意識調査 (2,000名対象)
    • 地域福祉計画・地域福祉活動計画策定に伴う地区座談会(11か所)
    • 地域福祉活動計画策定プロジェクト委員会(全3回)
  • 九州北部豪雨災害に際し、市の要請を受け災害ボランティアセンターの設置・運営(7/16~8/3)
    • 延518名のボランティアを受け入れ、延84件のニーズに対応
  • うきは市山村復興プロジェクト(市主管)への協力(26年度終了)
  • 地域福祉講座(うきはの輪プロジェクト)開催・・地域包括ケアシステムをテーマ
  • うきは絆プロジェクト(うきは警察署主管)との協働を始める
  • 不登校・ひきこもり当事者の会として「Switch」が発足
  • うきは斎場駐車場拡張造成工事完工(1,210㎡)
平成25年
うきは市
  • 評議員定数を30名から28名に変更(5/1)
  • 生活困窮者支援の先駆的・試行的取り組み
    • 「内職シェアステーションCoCoConne」をほっとスペースうきはの一角にオープン
  • 地域福祉講座(うきはの輪プロジェクト)開催…地域包括ケアシステムをテーマ
  • 被災地災害ボランティアセンター運営支援(職員派遣)
    • 山口県萩市災害ボランティアセンター(8/6~8/30 15名 延47名)
平成26年
うきは市
  • 家族葬のための「うきは斎場別館」竣工(1月)
  • 社会福祉法人新会計基準に準拠した会計に移行
  • 「総務課」を「総務企画課」に変更し、企画調整係を配置(4月)
  • 「生活困窮者自立促進支援モデル事業」を市から受託
  • ふれあいセンター・福祉部活動支援のあり方検討委員会(全6回)
  • 広島災害ボランティアセンター運営支援(9/21~26 職員1名派遣)
  • うきは市社会福祉法人連絡協議会発足(7法人・11月)