うきは市社会福祉協議会の3つのキーワード

うきは市では、吉井町で昭和30年に、浮羽町で昭和31年に民生委員等地域の関係者により任意団体として発足以来、制度の狭間にある方々の支援、地域住民による福祉活動の支援、住民のボランティア活動の参加支援等々について、住民皆さまと一緒に活動してまいりました。

住民

社協は、住民の主体的な活動を通じて、人と人とがつながり、誰もが安心して幸せに暮らせる『福祉のまちづくり』に、住民の皆様とともに取り組みます。

協働

社協は、様々な福祉問題を解決していくために、行政、各機関・団体等あらゆる立場の方々のご協力・参加を得て福祉を進めていきます。このように、様々な協働関係で地域の福祉を高めていくことがとても大事と考えています。

先駆性

社協は、住民の皆さまのいろいろな声をしっかり聴き取り、福祉ニーズを把握し、新たな福祉課題の解決に向けて、柔軟性をもって、いち早く住民の皆さまとともに取り組みます。