うきは市社会福祉協議会ホームページ 各種事業の紹介やボランティア・福祉・介護に関する情報
社会福祉法人 うきは市社会福祉協議会 うきはししゃかいふくしきょうぎかい
お問い合せ ホーム
事業概要
定期刊行物電子版
施設サービスの紹介
みんなの掲示板
リンク集
 
平成14年12月1日発行
福祉員だより
前へ 戻る 次へ
   福祉委員の皆さんには、「浮羽町社会福祉大会」の入場整理券の取り扱いのお世話をいただき、有り難うございました。区によっては、整理券が足りない所と、整理券が全て余った所とありましたが、多くの町民の皆さんに参加頂くことができました。
  ただ、気になったのが、整理券が欲しいという電話の問い合わせで「区の福祉委員さんに取りに行って下さい」というと、「うちの区の福祉委員は誰ですか?」と、福祉委員が誰なのか分からない方が結構おられたということです。
  日頃から、「声かけ訪問」や「よりあい支援」などでご活躍いただいているし、「区内の福祉の相談役」として福祉委員制度がありますから、今後は区民の皆さんに「福祉委員」が誰なのか分かるように、また、福祉委員になったからには、「福祉委員」としての活動に積極的に取り組んで頂きますよう、宜しくお願いいたします。
 
 

  今月のおすすめ遊具  
△ヨルフボール▽
 ゴルフのようなこのゲームは、「ヨルフ」と言います。ゲートボールようなスティックで、ソフトボールくらいの大きな玉を打って、白いホールに入れるゲームです。グランドゴルフのようにみんなで楽しめますので、是非一度挑戦してみてください!
 

  シリーズ 精神障害を考える
正体不明の声(その2)
 
「正体不明の声」が生じるわけ:
「4つの条件」=不安、孤立、過労、不眠
 
「正体不明の声が聞こえる」ことは、1.不安、2.孤立、3.過労、4.不眠が重なって、しばらくの間続くときにしばしばみられる現象で、そう稀なことではありません。
  例えば、山や海で遭難した人の手記を読むと、「正体不明の声」が聞こえる体験がよく出てきます。遭難した人は、不安で孤立しています。疲れきっていてもぐっすりとは眠れない状態で、まさにこれら4つの条件にさらされます。
  また、白血病などの病気で無菌室での治療を受けていると、1週間くらいすると今まで心の健康を損ねたことがない人でも「正体不明の声」を聞く場合があります。無菌室での治療にも、4つの条件がそろっています。
遭難や無菌室というと特殊な出来事ではないかと感じるかもしれませんが、日常生活にも「正体不明の声」が生まれる条件が潜んでいます。「受験、入学、就職、留学、家族からの孤立、引越、人間関係のトラブルや破綻」などの「生活の節目」に、不安、孤立、過労、不眠の4つの条件が揃い「声」が生じがちです。
  「正体不明の声」は精神科の治療をとおして消していけますが、放置してこじらせると精神病に移行して治りにくくなる場合があるので、注意が必要です。 生活の節目で見られやすいストレスあれこれ
何かと忙しくせわしない
日常生活や人間関係が大きく変化する
新しいことや苦手なことにチャレンジする必要がある
心配事や失敗のリスクが生じて、ある程度の期間それに耐えなくてはいけな
実際に失敗やミスをして、困ったり傷つくことも多い
自分で最終的な責任を負わざるをえない

 ここに紹介した文章は、 『正体不明の声』ハンドブック-治療のための10のエッセンス-著者:原田誠一より引用しております。
 

  「よりあい」の広まりは…  
 各区で「よりあい」を開催し、地域の高齢者のみなさんの「生きがいづくり」「健康づくり」「仲間づくり」や「閉じこもり防止」に努めていただいておりますが、福祉委員さんはその中心的な企画・調整役にご協力いただき有り難うございます。
 平成7年頃から、この「よりあい」が始まって、各区に広がっていきましたが、今のところ社協が把握している分では、91行政区中に60箇所くらいです。

 参加されている高齢者の方々からは、「楽しくていい」「笑ったりして元気になる」「みんなで話ができるのでいい」「家にばっかりおったっちゃつまらん」というような感想をいただいています。
 反面、参加したこともない若い方(40~50代男性)からは、「年寄りを甘やかすいらんこつ」「福祉委員にいらん仕事を増やすな」「そげなだんじゃねぇ、自分が食べていくことで精一杯」などと批判的な意見も見られます。
 このようなお互いの言い分を聞いて、皆さんはどう思われますか?思いやりの心を持てば、自分や地域を今まで育てて下さった、地域の高齢者の方々に対し「いらんこつ」「甘やかし」などと言えますか?
 「よりあい」活動の広まりは、単に開催場所や回数が増えればいいと言うことではないと思います。そこに関わる地域の皆さんが、その活動の趣旨を理解し、本当に「あたたかい気持ち」を持って、こういった地域の福祉活動に心から関わって頂くことが重要だと思います。
 ともすれば、自分の事だけを考えがちな時代です。でも人間は、人と人との支え合いで社会を作っています。自分の言い分も大事でしょうが、人の気持ちや立場をしっかり考えられる、
そんな人達ばっかりの浮羽町になることを望みます。
 

ご意見をお聞かせください
 
 
前へ 戻る 次へ
 
  社会福祉法人
うきは市社会福祉協議会
  〒839-1306 うきは市吉井町新治372 TEL. 0943-76-3977 FAX. 0943-76-4329
E-mail:info@ukiha-shakyo.or.jp Copyright (C) 2005 Ukiha-Shakyo. All Rights Reserved