うきは市社会福祉協議会ホームページ 各種事業の紹介やボランティア・福祉・介護に関する情報
社会福祉法人 うきは市社会福祉協議会 うきはししゃかいふくしきょうぎかい
お問い合せ ホーム
事業概要
定期刊行物電子版
施設サービスの紹介
みんなの掲示板
リンク集
 
平成15年5月1日発行
福祉員だより
前へ 戻る 次へ
  交替される福祉委員の皆さんへ
 まちのあちこちが選挙カーで賑やいだ、県知事選挙、県議選挙、町議選挙と立て続けの選挙も終わり、やっと普段の生活に戻った感がありますが、福祉委員の皆さまいかがお過ごしですか?
 皆さんが応援した方が、知事さんや議員さんに当選したかどうかは分かりませんが、当選した方に是非々お願いしたいのは、「みんなが幸せに安心して暮らせる」ことを第一に考えて県政や町政に望んで欲しいということですね。
 そのためにはやはり、「福祉の充実」が不可欠だと思います。私たちも、誰か任せのまちづくりではなくて、 「私たち住民は何ができるのか」を考え、 自ら行動することが必要なようです。

 さて先月と今月は、各地区で「福祉委員委嘱状交付式」「福祉委員会」が開催されます(された所もあります)。
 この機会に「自分たちの地域の問題は何なの?」「福祉委員の地域での役割は何?」「福祉活動ってどういうこと?」などを、福祉委員の皆さまとお話しさせて頂くことになると思いますのでよろしくお願いいたします。
 また、全体的な会合では、福祉委員のみなさんお一人お一人のご意見や、その区ごとの込み入った問題などを詳しくお聞きする事ができませんので、各区ごとに都合のいい日で結構ですからお時間を作っていただき、ざっくばらんに意見交流をさせてください。よろしくお願いいたします。なお社協では、地区毎に担当職員を割り当てましたので、その担当職員が皆さまの相談や意見交換、情報収集・提供の窓口となっていきます。
 
 

  平成15年度浮羽町社会福祉協議会
「住民会費」「賛助会費」について
 
「みんなが幸せに安心して暮らす」ための仕組みとして、様々な生活課題を抱える方を支援する、様々な公的な支援制度があります。「困った時は、国や県や町が面倒見てくれる」「そのために税金や年金、健康保険や介護保険を納めている」と考えますが、いざ困った境遇になると、支援の手はなかなか届いてきません。
 ではどうしたら「高齢になっても安心した暮らし」ができるのでしょうか?
 「若いうち健康なうちにお金を貯めて、老後は家政婦さんなど自分が信頼できる人を住み込みで雇い、全面的に面倒を見てもらう」ことができればいいでしょうが、普通はそんな蓄えもなかなかできないし、遠くの身内にも世話になれないし、やはり頼れるのは遠くの親戚などではなくて、身近に住んでいる気心の知れた隣近所同士の声かけや助け合いではないでしょうか。
 そこで社会福祉協議会では、「福祉制度の手の届かないところ」「自分だけではどうしようもないところ」などを、住民相互の助け合いの精神に基づき、住民の皆さんと共に支え合い助け合いの「福祉のまちづくり」を進めていきたいと考えています。

 社会福祉協議会は毎年5月に住民の皆さまに入会をお願いしておりますが、会費として納めて頂きます「住民会費」と「賛助会費」は、浮羽町の「福祉のまちづくり」のために必要な財源として
「人づくり」(ボランティア講座や福祉体験、福祉座談会など)
「組織づくり」(ふれあいセンターや福祉会、当事者団体など)
「活動支援」(よりあい、声かけ訪問、ボランティア活動など)
「情報提供」(高齢者、障害者、子育て、環境、福祉制度など)
などに有効に使われております。
 これらのお金は「会費」という形で、一旦は社会福祉協議会に集めさせて頂きますが、社会福祉協議会が使っているのではなくて、その使われる先は皆さんに身近な、公民館の福祉活動や色んな団体のボランティア活動などの場面です。
 こういった事をご理解頂き、今年も又社会福祉協議会への入会と会費の納入をよろしくお願いいたします。
 また、福祉委員の皆さまには、この会費の集計業務をお願いする事になりますので、重ねてよろしくお願いいたします。
 

  シリーズ 精神障害を考える
正体不明の声(その7)
 
 幻聴・妄想は、精神科の治療というご本人、ご家族と精神科スタッフの共同作業をとおして消していけます。それには、「幻聴・妄想治療の4つの柱」を守ることが大切です。

幻聴・妄想治療の4つの柱
(1)日常生活のすごし方に注意を払う
     (「不安、孤立、過労、不眠」)を減らす
(2)精神科の専門家との相談を継続する
(3)当面、精神安定剤を服用する
(4)幻聴の受けとめ方を工夫する

3つの悪循環を断ち切る
 (1)不安、孤立、過労、不眠の4つの条件と、(2)幻聴、(3)妄想の3者が互いに相手を強め合う悪循環を断ち切りましょう。
 幻聴や妄想を放置するとこの悪循環が生じてしまうため、こじれてしまいがちなのです。放っておいても自然に治る軽い風邪や下痢などと違って、幻聴や妄想がある状態から回復するためには治療が必要であるということをご理解下さい。
 精神科医、看護士、心理療法士、作業療法士、保健師、ケースワーカーなどの医療スタッフは、幻聴や妄想を消していくための専門的知識・情報の提供者であり、ご本人やご家族の不安を減らし孤立を避けるための相談相手ですので大いに活用してください。

精神安定剤は悪循環を断ち切り回復を助ける
「精神安定剤」を飲むことも必要です。安定剤は、「不安」を減らして「不眠」を治し、こころと脳の「過労」状態を改善することをとおして悪循環を断ち切り回復を援助します。

 ここに紹介した文章は、 『正体不明の声』ハンドブック-治療のための10のエッセンス-著者:原田誠一より引用しております。
 

ご意見をお聞かせください
 
 
前へ 戻る 次へ
 
  社会福祉法人
うきは市社会福祉協議会
  〒839-1306 うきは市吉井町新治372 TEL. 0943-76-3977 FAX. 0943-76-4329
E-mail:info@ukiha-shakyo.or.jp Copyright (C) 2005 Ukiha-Shakyo. All Rights Reserved