うきは市社会福祉協議会ホームページ 各種事業の紹介やボランティア・福祉・介護に関する情報
社会福祉法人 うきは市社会福祉協議会 うきはししゃかいふくしきょうぎかい
お問い合せ ホーム
事業概要
定期刊行物電子版
施設サービスの紹介
みんなの掲示板
リンク集
 
平成17年2月1日発行
福祉員だより
前へ 戻る 次へ

  平成16年度福祉委員活動状況アンケート調査結果
 
 今年初めの福祉委員だよりと一緒に、調査用紙を配布させていただき、皆さま方の活動状況やご意見などの郵送頂きましたが、1月20日の締め切りをもって、集計させて頂きましたので、調査結果をご報告致します。ご協力ありがとうございました。

調査期間 2005年1月1日~1月20日(20日間)
調査方法 質問用紙による回答(郵送による回答)
配布回収 福祉委員223名に配布 回収47通(回収率21.1%)

Q1.あなたの区では「ひとり暮らし世帯」「老夫婦世帯」「障害者世帯」などの情報が把握できていますか?
できていない 4.3%
できている 42 89.4%
よくわからない 6.4%
47 100.0%

Q2.あなたの区の「見守りが必要な家庭」について、定期的な「声かけ訪問」など実施していますか?
していない 12 25.5%
している 34 72.3%
無回答 2.1%
47 100.0%

訪問頻度
年2回:2名  随 時:5名  月1回:10名
月2回:3名  月3回:4名  月4回:1名  

Q3.あなたの区を担当している民生委員さんをご存じですか?
知らない 2.1%
顔・名前は知っている 19 40.4%
情報交換などして良く知っている 26 55.3%
無回答 2.1%
47 100.0%

Q4.あなたが知り得た区内の福祉問題は、どなた(どこ)に相談しますか?
民生委員 32 48.5%
区 長 18 27.3%
社 協 9.1%
他の福祉委員 4.5%
福祉経験の長い人 3.0%
その人に合った人 3.0%
役場 1.5%
老人会 1.5%
区の三役 1.5%

Q5.毎月「福祉委員だより」をお配りしておりますが、ご覧頂いていますでしょうか?
読んでいない 4.3%
読んでいる 45 95.7%
合 計 47 100.0%

希望内容
・他の区の良い結果(3)  ・(ガイド)ヘルパーのこと 
・家族の人がよりあいに出したがらない家族への呼びかけ
・高齢者が健康で自立を目指せるためのアドバイス
・うきは市のデータ

Q6.あなたの区の「よりあい」の中心的なお世話役はどなたですか?
福祉委員 40 49.4%
民生委員 14 17.3%
区長 10 12.3%
婦人会(女性部) 8.6%
ボランティア 6 7.4% 3.0%
ふれあいセンター長 1.2%
子ども会 1.2%
老人会 1.2%
○○会の人 1.2%

Q7.「うきは市」でどのような福祉活動をおこなったら良いか。(自由記述)
  • まずは吉井町の福祉委員(代表者)との情報交換会を実施。吉井町にも良い事例があるかもしれません。実状を福祉委員(各区代表)で知った上で、それからみんなで討議等を行い、夢ある福祉を目指したら良いのでは!!
  • 今まで通り、浮羽町のやり方で良いのではないでしょうか。(5名)
  • 老家庭が多数ですので、福祉会の会場などを吉井や浮羽と交互にもって行ってもらえば、福祉のまちづくりにつながると思います。
  • 市になっても小地域の「よりあい」活動などは続くと思います。お年寄りの方はいつも楽しみにしておられますが、各区で福祉委員になった方が、若い主婦の方や働き盛りの方などだと、お世話が大変だろうと思います。
  • 福祉は委員だけの活動ではなく、区長、民生委員、老人クラブ、婦人会、PTA、中学生、小学生、子どもたちと地区とが関わり合いながら、まちづくりに役立てる事が必要だと思います。
  • 組織図の確立。吉井町との合同ふれあい(作業、レクリエーション、ビデオ見学会)。年齢だけで分けるのではなく、せめて2人暮らし世帯迄に格下げできたら(別でも良い)。子ども会とのふれあい(子どもたちの学習のため)。訃報の連絡をして欲しい。
  • 時々合同でよりあいの研修をしていただきたい。又吉井の活動内容を見学してみたいと思う。
  • 福祉は私たちにとって身近な問題だと思います。誰もが気軽にふれあう環境づくり、思いやりから治る心の健康づくりとも言われています。よりよい人間関係をつくり、お互いに助けあい、明るいうきは市を望みます。
  • 名前だけの福祉委員の方が多くおられます。親身になってくれる方にお願いしたいです。
  • 若い方は勤め人が多く見られ、一人暮らし、老夫婦の方が多く、福祉委員として大変と思われる所があります。少しは行事を少なくしていただいたらと思います。
  • 介護予防を推進して、健康で明るい高齢者の住むうきは市を目指して欲しい。高齢者のための小旅行等を催してみてはどうですか?費用、人等の物的支援が必要ですが、ボランティアをお願いする等したら実現可能です。
  • グラウンドゴルフ等の団体的競技に参加できる人は良いのですが、足、腰悪く人前に出るのも億劫な方々の「よりあい」、少人数であっても温かい目を向けて欲しいと思います。
  • 御幸地区では、今年度ふれあいセンターが発足したばかりなので、新役員ばかりでもあるので、まずは実態把握の情報収集を行いたい。ニーズの市場調査に基づいて、事業計画を企画立案していきたい。
  • みんな仲良く!
  • 区の「よりあい」は必要と思う、だがお世話される方の本音とたてまえが少し違うようです。本当に心から「よりあい」にみんなが参加される様、又お荷物にならない様な集まりを望んでいます。
  • 行事が多すぎると思います。今から役をする人は若い人が多く、会社勤めが多いので、行事を少なくして、充実したものがいいと思います。
  • 障害者世帯なども把握しなくてはならないのですか?
  • 浮羽の方にも早急に総合福祉センターの設立をお願いしたい。(2名)
  • みんなが気軽に来られる、又相談しやすい窓口が欲しい。人によりけりですけど、民生委員の教育、講話など。
  • 暮れに一人暮らしの人、75才以上の夫婦だけの人にティッシュペーパーとタオルを持って行き、大変喜んでもらいました。入院している人にも持って行き、喜んでもらい私たちもうれしくなりました。これからも、続けてもらうといいと思います。
※その他、役場職員の給料が高すぎるというご意見、あるおばあちゃんが病院から帰りたいけれど、家に誰もいなくて帰れず寂しそうだとのご意見をいただきました。
 

  浮羽町社会福祉協議会の「福祉委員だより」は
これをもちまして最終号です
 
 この福祉委員だよりをふり返って見ますと、第1号は平成4年2月1日に発行されていました。当時は、まだまだ福祉委員ができたばかりで、様々な福祉施設の紹介や、福祉委員活動はどんなことをすればいいのかなどが説明されてあるものでした。(新聞の切り抜きも多く活用されてありました)
画像をクリックすると拡大画像が表示されます。
 あれから13年の時が経ちましたが、過去の福祉委員だよりのページをめくっていくと、色んな壁にぶつかりながらも、福祉委員活動はコツコツと進められてきたのだなーとしみじみと感心させられます。平成7年12月号では、「よりあいが16会場に広がった」と書かれていました。今は70ヶ所ぐらいで実施して頂いていますので、たくさんの区の福祉委員さん方が、それぞれの区でがんばって頂いた跡が見受けられます。
 うきは市になっても、福祉委員制度は継続されます。今度からは、吉井町の皆さんとも協力しながら、一緒に住みよい「うきは市」づくりに、ご協力いただきますよう、よろしくお願い致します。
 

ご意見をお聞かせください
 
 
前へ 戻る 次へ
 
  社会福祉法人
うきは市社会福祉協議会
  〒839-1306 うきは市吉井町新治372 TEL. 0943-76-3977 FAX. 0943-76-4329
E-mail:info@ukiha-shakyo.or.jp Copyright (C) 2005 Ukiha-Shakyo. All Rights Reserved