福祉員かわら版

通巻102号:平成25年8月15日発行

災害協力のボランティア活動保険について

うきは市でも昨年7月13~14日にかけての大雨で被災した記憶は、まだ新しいと思います。多くの人の協力を得て、今もうきは市の復興は続いています。

みなさんは、ボランティア活動保険をご存じでしょうか?名前のとおり、ボランティア活動を行うにあたり、自分の身に何かあった時に助けてくれる保険です。

先日の大雨で、島根県、山口県などでも新たに被災され、多くの方の生活が不安定な状況が続いています。「ボランティアに行こう!」と考えている方もいるかもしれませんが、その前にお住まいの市町村社会福祉協議会で自身のボランティア活動保険への加入をしてから、是非ご参加下さい。「行ってから保険に入る」ではなく、「行く前に保険に入っておく」の徹底をお願いします。事前に入っておくとボランティア活動に向かう途中も補償対象となります。(一部補償内容に条件あり)

保険の内容は一部抜粋で左記の表のとおりです。詳しくは、各市町村の社会福祉協議会にお問い合わせ下さい。

また、ボランティアは自主活動です。飲み物、食事など自分で持参して活動に行くようにして下さい。

保険金の種類 Aプラン Bプラン
ケガの補償 死亡保険金 1,200万円 1,800万円
入院保険金:日額 6,500円 10,000円
通院保険金:日額 4,000円 6,000円
賠償責任の補償 賠償責任保険金 5億円(限度額)
年間保険料 基本タイプ 300円 450円

※ただし、地震、噴火、津波によるケガは別途天災タイプのプランになります。