福祉員かわら版

通巻102号:平成25年8月15日発行

オンラインゲームって知っていますか?①

写真:オンラインゲームは通常のゲームより不特定多数の人間と同時に絡む事が多いインターネット上のゲームです

はまっていくPC

8月ももう中旬になりました。夏休みの宿題や課題等は終わっている頃でしょうか。ご家族のフォローが大変な時期かもしれません。

今月は先月からお伝えしているネット依存に関して、詳しくお話していきたいと思います。

皆さんはオンラインゲームというものをご存じでしょうか。オンラインゲームというのは数人でチームを組んで、借りや戦いに出るなど、複数のプレーヤーが集まって特定の行動を取るという複雑な行動が可能になるインターネット上のゲームになっています。

ゲーム自体に終わりはなく、ずっと運営側が新しい素材を提供しつづけます。ゲームはプログラム自体を販売するものや、重要なアイテムだけを販売するものなど様々です。

今、子どもたちの中で、オンラインゲームにはまる子たちが続出しています。主な原因としては開始時に無料のゲームである事が一つと思われます。また、チームを組んでゲームを行うために、自分だけが途中で抜けてしまったり、寝てしまったりすると、チームのメンバーに迷惑がかかるという責任感を感じさせるプログラムが非常に多いのも特徴です。

これらの事から、仲間と共に行っている連帯感と一緒に昼夜逆転を繰り返し、身体・精神面を一気に壊してしまう人も多くなっているのが現状なのです(次号に続く)。

不登校・ひきこもり相談・交流スペース

イラスト家にひきこもり気味の方や学校や適応指導教室に行けないお子さんで家以外に「居場所」が欲しい当事者が集まれるスペースを設けました。一緒にこれからの事話してみませんか?

場所 うきは市総合福祉センター 1階
相談・交流スペース
詳細 まずは下記番号にご連絡下さい。
個別に話を伺い、参加までの流れをお話します。

◆ひきこもり相談支援員

イラスト権藤 俊介(ごんどう しゅんすけ)
うきは市社協 吉井事務所内
うきは市吉井町347-1
電話 0943-76-3996
受付時間 平日8:30~17:15

うきは市不登校・ひきこもりを考える親の会
みつばちの会

うきは市社協では、「うきは市不登校・ひきこもりを考える会」と共催で、毎月1回家族会を開催しています。

一緒に不登校やひきこもりについて話してみませんか?

日 時:8月21日、9月18日 19:00~
会 場:うきは市総合福祉センター 1階 小会議室
費 用:無 料
内 容:長阿彌幹生(ちょうあみみきお)先生を迎えて、参加者同士で話をし、家庭や自分自身を見つめる機会を設けていきます。