福祉員かわら版

通巻164号:平成30年10月15日発行

生き方について

義務教育の後に・・・。

すっかり秋らしくなりました。毎年、この時期くらいから受験勉強も本格化しますね。受験生の皆さん、将来を見据えて、志望校が決まってきている頃でしょうか。

義務教育の後の進路を考えることは、とてもエネルギーのいることです。進学をするのか、就職をするのか。進学ならば、どういった高校を選んだらいいか、就職ならば、どういった求人があるのか・・・。世の中の状況の変化に伴い、15歳という年齢で直面するには、年々、大きく深い課題となってきているように思います。

また、高校に入学したけれど、目指した道との違和感を感じて、中退という選択肢を選ぶ方もいるかもしれません。内閣府が2011年3月29日に発表した、高校中退者の意識に関する調査結果によると、高校中退者が、高校を辞めた後の進路を決める際に苦労してきたことは「適切な情報を得る方法が分からない」であるとする意見がもっとも多く、次いで「地元に仕事が無い」「仕事をしていく自信が持てない」など、いわゆる「就職希望派」における悩み事が多くなっています。こういった悩みをご家族や本人だけで抱えるのは、難しさを感じることもあるかもしれません。

中退後の進路選択では、本人の意志が大変重要になってきます。高校を中退する前に、中退後に何を目指すのか、何をやりたいのか考えておくことで、高校中退という事実がプラスの方向に働く可能性も考えられます。

ですが、本人や家族だけで進路について考えるのは本当に大変です。相談が必要な時は、遠慮なく下記電話番号までご相談ください。人生の選択肢について一緒に考えましょう。

不登校・ひきこもり相談・交流スペース

Switch ~Since 2012~

イラスト家にひきこもり気味の方や学校や適応指導教室に行けないお子さんで家以外に「居場所」が欲しい当事者が集まれるスペースを設けました。一緒にこれからの事話してみませんか?

場所 うきは市総合福祉センター 1階
相談・交流スペース
詳細 まずは下記番号にご連絡下さい。
個別に話を伺い、参加までの流れをお話します。

◆ひきこもり相談支援員

イラスト権藤 俊介(ごんどう しゅんすけ)
森山 明子(もりやま あきこ)
うきは市社協 吉井事務所内
うきは市吉井町347-1
電話 0943-76-3996
受付時間 平日8:30~17:15

うきは市不登校・ひきこもりを考える親の会
みつばちの会

うきは市社協では、「うきは市不登校・ひきこもりを考える会」と共催で、毎月1回家族会を開催しています。

一緒に不登校やひきこもりについて話してみませんか?

日 時 毎月第3水曜日(10月17日)19:00~
会 場 うきは市総合福祉センター 1階 相談・交流スペース
費 用 無 料
内 容 長阿彌幹生(ちょうあみみきお)先生を迎えて、参加者同士で話をし、家庭や自分自身を見つめる機会を設けていきます。