福祉員かわら版

通巻165号:平成30年11月15日発行

小塩地区福祉大会

写真:絶好のグラウンドゴルフ日和でした。

10月21日(日)に、小塩小学校グラウンドと体育館にて、ふれあいセンター小塩福祉大会が開催されました。

朝から多くの参加者が集まり、昨年は雨天のため中止になったグラウンドゴルフは、今年は晴天に恵まれ、暖かい陽気のなかでプレイすることができました。

体育館では、スカットボールや釣りっこゲームなどの遊具を準備し、子どもから高齢者まで、皆さんでレクリエーションを楽しんでいました。

その後、「住み慣れた街で暮らし続けるために~介護は突然やってくる~」と題して、講演会が行われました。

写真:釣りっこゲームをみなさんで楽しみました。
写真:住み慣れた地域で最期まで過ごしていける秘訣についてのお話がありました。

講師に、特別養護老人ホーム水月吉井の河角成明氏を迎え、住み慣れた地域で最期まで、いきいきと過ごしていく秘訣についてのお話がありました。

また、高齢者も、障がいがある方も、子供も、一緒に地域で自分らしく過ごしていくためには、地域で支えあっていくことが大切という事も学ぶことができました。

講演の後は、参加者皆さんで一緒にお昼を食べて、日頃の情報交換もできた交流となりました。