福祉員かわら版

通巻165号:平成30年11月15日発行

ボランティアセンターだより

音訳ボランティアに寄贈いただきました

うきは市には、市の広報、市議会だより、社協だより、赤い羽根だより等の広報物を音訳し、目の不自由な方々へ録音物をお届けするボランティアグループ、「声のグループ うさぎ」と「ともしび会」の2つのグループがあり、音訳ボランティアの活動をされています。

写真:ボランティアさんに音訳していただいています
写真:今回、寄贈いただいた『プレクストーク』です

どちらのグループも、音訳には、「プレクストーク」という機械を使い、録音、編集を行っています。

音訳の際は、各自の自宅で静かな環境を整え、利用される方に聞こえやすいような録音ができるように努めています。

このような地道な活動が評価され、この度、北筑後地域労働者福祉協議会様より「プレクストーク」を2台寄贈していただきました。

会員一同、心より感謝し、大切に使わせていただきます。