福祉員かわら版

通巻167号:平成31年1月15日発行

退学後の進路って

退学後に「働く」

新年あけましておめでとうございます。今年も不登校・ひきこもり対策相談支援事業、そして子どもたち・若者の見守りをよろしくお願い致します。

さて、今号では義務教育後の進路について少しお伝えしたいと思います。

ここ数年、高校退学後について相談を受けることが多くなってきました。退学後、明確な進路がある子どもたちは次に繋がっていきますが、逆に何も無い状態で退学をすることになると、子どもたちは非常に強い不安を感じます。これは支えている親も同時に感じる事だと思います。

退学後の選択肢としては転校、再入学、就職等が考えられます。特に就職というと非常に高いハードルではありますが、選択肢として無い訳ではありません。

例えば農業であれば、果樹関係の担い手を探している状況もありますし、大工等の職人の仕事も経験を積んでいく中でステップアップしていく形となります。他にも自動車整備士は3級であれば実務経験を積んでいき、別途学習を積めば、受験する事も可能で、継続就労・学習する事で更なる資格取得に繋がります。

どの仕事が自分に向いているのか、何をしていきたいのか考えていく事は非常に大変と思います。できれば一緒に考えていけたらと考えていますので、お気軽に下記番号までご連絡下さい。お待ちしています。

不登校・ひきこもり相談・交流スペース

Switch ~Since 2012~

イラスト家にひきこもり気味の方や学校や適応指導教室に行けないお子さんで家以外に「居場所」が欲しい当事者が集まれるスペースを設けました。一緒にこれからの事話してみませんか?

場所 うきは市総合福祉センター 1階
相談・交流スペース
詳細 まずは下記番号にご連絡下さい。
個別に話を伺い、参加までの流れをお話します。

◆ひきこもり相談支援員

イラスト権藤 俊介(ごんどう しゅんすけ)
森山 明子(もりやま あきこ)
うきは市社協 吉井事務所内
うきは市吉井町347-1
電話 0943-76-3996
受付時間 平日8:30~17:15

うきは市不登校・ひきこもりを考える親の会
みつばちの会

うきは市社協では、「うきは市不登校・ひきこもりを考える会」と共催で、毎月1回家族会を開催しています。

一緒に不登校やひきこもりについて話してみませんか?

日 時 毎月第3水曜日(1月16日、2月20日)19:00~
会 場 うきは市総合福祉センター 1階 相談・交流スペース
費 用 無 料
内 容 長阿彌幹生(ちょうあみみきお)先生を迎えて、参加者同士で話をし、家庭や自分自身を見つめる機会を設けていきます。