福祉員かわら版

通巻170号:平成31年4月15日発行

福富地区協議の場づくりのための勉強会④
~見守り、支え合う地域を目指して~

3月5日(火)、福富コミュニティセンターにて、協議の場づくりのための勉強会の4回目を開催しました。

今回は、1回目から3回目までの勉強会の振り返りと、まとめを行った後、「協議の場」は、福富地区に関わるみんなで、考えたり・整理したり、上手く活用していく場であるということを、参加者の皆さんと確認しました。

その後、第1層地域支え合い推進員から、勉強会では、様々な「福富地区にあったらいいな」が出てきたので、それを受け、これから福富地区で取り組んでみたいことは何かを検討したところ、『見守り』をさらに福富地区全体で話し合っていくこととなりました。

写真:「今後、福富地区で取り組んでみたいこと」では、見守りが1番に!

しかし、『見守り』といっても日頃の見守り(地域のつながり、声かけ)から、災害時の対応まで内容が幅広いため、今後の協議の場の中で、市役所の担当課からの説明や他市町村の事例などもふまえながら、学習会を積み重ねていくことから始めていこうということになりました。

これから、「福富地区のあったらいいな」が、具体的になっていき、支え合いがこれまで以上に広がっていくように感じた勉強会となりました。

協議の場では、地域の方や事業所・企業の皆さんの参加によってうまれる、たくさんの声や知恵が必要です。ぜひ、今後の福富地区協議の場に、ご参加ください!