福祉員かわら版

通巻170号:平成31年4月15日発行

ようこそ! 沖縄県大宜味村(おおぎみそん)の皆さま

3月12日(火)、沖縄県大宜味村の皆さんが、うきは市の取り組みをぜひ知りたい!ということでお越しになり、おおいし絆クラブの方々との交流会を行いました。

写真:どこで活動していても、共通するのは、”支え合いの気持ちを広げたい”という思いなのだと感じました。

意見交換の中では、「昔ながらの隣近所の支え合いをもう一度取り戻すことが大切」等の意見に、皆さん共感しておられました。

また、大宜味村での100円食堂の取り組みを教えていただきました。内容としては、子ども達、親子の触れ合いの場を作ろう、昔風の輪を作ろうと、月に1回、食を通じて人との出会い、そして会話を大事に活動されています。

大石の方からも、「食堂の取り組みにとても興味がある、参考にしたい」、「大石コミュニティセンターを地域の縁側にしたい」といった声も出ていました。

それぞれの地域での取り組みや思いを共有することで、お互いの良さに気付き、自分達の今後の活動に役立てていけるような意見交換の場となったのではないでしょうか。