福祉員かわら版

通巻173号:令和1年7月16日発行

14区おたすけ隊の活動がスタートしました。

吉井地区の14区にて、『14区おたすけ隊』の活動がスタートしました。

写真:暮らしの中のちょっとした困りごとを地域の助け合いでお手伝いします!
写真:活動だけでなく、依頼者との会話も大事にしてあります。

この活動は、14区内の高齢者等の生活上のちょっとした困りごとを区内の協力会員がお手伝いする、有償の生活支援ボランティア活動です。会員制の互助活動として、お手伝いをお願いする方(利用会員)も、お手伝いをする方(協力会員)もお互いに会費を出し合い、会を運営しています。

昨年途中から、会の立上げに向け、区内の有志で協議を重ね、5月に設立総会を行い、活動がスタートし、様々な依頼があっています。

この日は、区内の高齢者の方より、「段ボールをゴミ捨て場まで持って行ってほしい」との依頼があり、協力会員の方2名で訪問をされました。

活動後、依頼された方からは、「自分は一人暮らしで、体調も悪い時があるし、車も持っていない。業者に頼むほどではないけど、自分では処分できずにいたので、身近で頼みやすい方に、こうやって頼めてよかった。」と話されていました。