福祉員かわら版

通巻107号:平成26年1月1日発行

明けましておめでとうございます

福祉委員さんや民生委員さんを始め、地域のお世話方の皆様におかれましては、ふれあいセンターや公民館福祉部等の歳末援助活動として、声掛け訪問やお見舞い活動にご協力いただきまして、誠にありがとうございました。 どうぞ、今年も引き続き、地域福祉の推進にご協力をよろしくお願いいたします。

子どもを地域で見守る

さて、福祉新聞平成25年12月9日号に、下記のような記事が掲載されていましたので、ちょっと目を通してみてください。

うきは市内でも、アパートが建ち並び、若い親とその子だけの世帯も増えてきていますよね。

福祉委員の皆さんとお話をしていると、「高齢者の方がどこに住んでいるということは比較的、把握しやすいけど、若い世代の方々とは挨拶もままならなかったり、名前まで分からなかったりする」という声を聞くことがあります。
しかし、実際には、こちら側が戸惑っているように、相手も新しい環境にどう馴染んで良いのか分からず戸惑いを持っている場合もあるのではないでしょうか?

ふくしのかわら版では、毎月、こども交流室や子育てサークルの情報を掲載しています。お母さん達は、悩みを共有しあったり、子育て支援の情報を交換するなど精力的に活動しています。
もし、地域で気になる親子がいたら、ぜひ交流室やサークルの紹介をしてあげてください。
また、皆さんが経験上ご存じの子育てに関する豆知識をぜひ伝えてあげてください。

今の大人を将来、支えてくれるのは、今の子ども達です。地域全体で、子ども達の健やかな成長を見守りませんか。
虐待の背景には、何らかの悩み、苦しみがあるはずです。それらの声に耳を傾けてみませんか。

インターネットについて学ぶ

「インターネット」については、最近では様々な情報を得る為に、一般的になりました。

しかし、そんな便利なインターネット上でのゲームにはまり過ぎて、インターネット依存になっているような子どもがいたり、インターネット上の掲示板での誹謗中傷に傷ついている子どもがいたりと、大人が知らないうちに困りごとを抱えている場合があるのです。
また、インターネットは今は、パソコンだけではなくスマートフォンいわゆる携帯電話でもできます。
今回、そのような危険から子ども達を守るため、インターネットの世界について分かりやすく学ぶ講座を開催します。

自分はインターネットをしないから・・・と思われていても、子どもさんやお孫さんが知らないうちにインターネットの脅威に巻き込まれそうになっているかもしれません。

インターネットは、現代人に取って切っても切り離せないものになっていますので、この機会に学んでみませんか?

事前のお申し込みが必要となっております。
上記の申込先に、申込くださいませ。

~うきは市社会福祉協議会より~
土曜日窓口の吉井事務所への集約のお知らせ

これまで、土曜日の窓口受付に関しましては、社協吉井事務所及び浮羽事務所にて対応しておりました。
しかし、平成26年1月から土曜日の受付は、吉井事務所のみで行うことになりました。

皆様のご理解、ご協力をよろしくお願いします。

うきは市社会福祉協議会 (総務課総務係)