福祉員かわら版

通巻115号:平成26年10月1日発行

2000年から始まった介護保険制度ですが、「介護保険」という言葉は、十分浸透しているように思います。
しかし、日本経済新聞9月26日(金)の記事に興味深い内容が掲載されていましたので、ご紹介します。

認知症、受診まで平均9カ月半

家族に物忘れなどの異変が表れ、認知症を疑いながら、医療機関を受診するまでに平均で9カ月半かかっていることが16日、「認知症の人と家族の会」(京都市)などのアンケートで分かった。本人が受診を拒否したのが主な理由で、診断を受けることへの不安が背景にあるとみられる。

認知症にはさまざまな原因があり、患者が最も多いアルツハイマー型認知症は投薬で症状の進行を抑えられる。他にも早期診断で治療可能なものがあり、カウンセリングや医療体制の整備が課題といえそうだ。

アンケートは、製薬会社の日本イーライリリー(神戸市)が同会と共同で実施。昨年9月に会員に質問票を郵送し、465人が回答した。

家族が異変に気付いてから、患者本人が受診するまでの期間は「6カ月以上」が46.7%だった。中には「5年以上」(2.8%)、「3年以上、5年未満」(6.7%)など、長期間におよぶケースもあり、全体の平均は9.5カ月だった。

6カ月以上と答えた人に時間がかかった理由(複数回答)を尋ねると、「本人が病院に行きたがらなかった」が38.7%で最も多かった。「年齢によるものだと思っていた」(33.6%)、「本人に受診を言い出せなかった」(21.2%)が続き、家族が判断に迷ったり、本人を説得できなかったりする実態も浮き彫りになった。〔共同〕

日本経済新聞9月26日(金)掲載記事を転用

この記事を読まれてみなさんはどのように思いましたか?歳を重ねることは避けられません。皆さん「いつまでも元気で、若々しくいたい」「将来、介護保険のお世話になりたくない」との気持ちを持っている方が多くいるかと思います。

しかし、認知症は、老化によるものとして見過ごされがちですが、脳の障害によっておこる『病気』です。誰でもなる可能性があります。認知症について正しく理解することにより早期に発見し、症状の進行を緩やかにするための適切な治療を受けることができます。

先日ある区では「よりあい」の中で認知症サポーター養成講座の講話を聞いたところがあり、その講話の中で『うきは市の最近の傾向で、対象となる方がお孫さんと一緒に受診する方が増えています。息子さんやお嫁さんと来るよりもお孫さんとの方が来やすいみたいです』との話があったそうです。

また先日、うきは市の行政区(複数区で設置の場合もあり)を単位で「福祉会」を設置している役員さん方を対象とした「福祉会研修会」を9月18日(木)実施しました。毎年「福祉会研修会」は社協主催で実施しているのですが、今年度は、栗木 剛氏を講師に招き「地域で組織的、計画的、継続的な支援を、みんなで進めるポイント」と題して講話をして頂きました。その講話の中で『人はみんな歳をとります。将来 介護保険のお世話になることも考えられます。そのときに初めて介護保険に足を踏み入れていくのは不安でいっぱいになることが考えられるので、元気なうちにみんなで寄って、介護保険の申請の仕方であったり、訪問調査でどんなことを質問されるのか知っておくと「いざ!」という時の不安も取り除けるし、一人ではなくみんなで勉強することで抵抗も少ないですよ』とのお話もありました。

よりあいや区の学習会という形で、介護保険の話を聞くのも一つの方法ですね。

認知症の人への接し方

認知症によるものもの忘れはあっても、感情やその人らしさは残っています。かかわり方次第で症状の多くを和らげることができます。認知症の人への対応は「3つのない」を心がけましょう。

①驚かせない
②急がせない
③自尊心を傷つけない

【もっと詳しく説明すると】
◆さびしくさせない
◆スキンシップを大切にしましょう
◆やさしく接しましょう
◆本人のペースに合わせましょう
◆できることをひとつずつやってもらいましょう
◆気持ちに寄り添い怒ったり否定しないようにしましょう
◆笑顔でうなずき不安を取り除きましょう
◆聞き上手になりましょう

分かりやすく学べる!役立つ!『成年後見講座』

写真:講師 岩城法律事務所 岩城 和代 弁護士

うきは市では、誰もが安心して利用できる成年後見制度の普及を目指しています。

高齢化の進行により、成年後見制度の利用は年々増加しています。成年後見制度について勉強してみませんか?
今回、2回の講座で実施します。
事前登録なしの参加費無料です。
興味のある方は、お気軽にご参加ください。

第1回

日時 10月17日(金) 13:30~15:30
会場 うきは市総合福祉センター2階 大会議室
講師 岩城法律事務所 岩城和代弁護士
内容 成年後見制度のしくみと後見人の実務について

第2回

日時 10月24日(金) 13:30~15:30
会場 うきは市総合福祉センター2階 大会議室
講師 岩城法律事務所 岩城和代弁護士
内容 具体的な事例から学ぶ後見人のしごと

※参加を希望される方は是非2回ともご参加下さい。

【問合せ先】
うきは市保険課介護・高齢者支援係 電話:0943-75-4960
うきは市社会福祉協議会      電話:0943-76-3977

ボランティア対象 救命講習会に参加しませんか!

日程 11月12日(水)13:30~15:30
場所 うきは市総合福祉センター 2階 和室
講師 久留米広域消防本部 職員
内容 普通救命講習
対象者 現在、うきは市でボランティア活動をしている方
参加費 無料
服装 動きやすい服装
定員 30名(定員になり次第〆切ります)
申込〆切 平成26年10月31日(金)まで

【申込先】
うきは市社会福祉協議会
うきは市ボランティアセンター 電話:0943-76-3977