福祉員かわら版

通巻159号:平成30年10月1日発行

朝夕も涼しくなり、少し肌寒いと感じるようにもなってきました。

災害級の暑さと言われた8月とは一転して涼しくなった先月、インフルエンザにより、福岡市内の学校が学級閉鎖するなど、季節の変わり目や昼と夜の温度差があるこの時期は風邪など、体調を崩される方も多いようです。

脱ぎ着しやすい服装や十分な休養など、くれぐれもご自愛いただければと思います。

また、先月4日には大型の台風21号が発生し、近畿地方を襲い、6日には北海道胆振地方を震源地とする地震が発生するなど、7月の西日本豪雨から数えても例年にないほど、全国各地で災害が発生しております。

今月もまた台風が発生し、日本へ接近・上陸するおそれもあります。災害への備えもよろしくお願いします。

たくさんのご相談をいただいています。
「生活・福祉丸ごと相談」

さて、福祉委員かわら版6月号でご紹介した、「生活・福祉丸ごと相談」の窓口。開設から8月末までの4か月で、延べ161件のご相談をいただいています。

経済的な相談、家族やご近所とのトラブル、ひきこもりや不登校など社会とのつながりの相談、DVや虐待、相続や土地の名義変更など、その内容も多岐に渡っています。

社会の変化により、価値観や生活観、また家族形態や生活状況が多様化しています。裏を返せば年齢や性別を問わず、多種多様な生活上の困りごとを抱えているのではないかと、相談や様々なお手伝いをさせていただく中で感じています。

困りごとを抱えているご本人やその家族からのご相談ももちろんですが、区長さんをはじめ、福祉委員さんや民生委員さん、またご近所の方からのご相談や、地域の方が配られたチラシを見てご相談にきたという方もいらっしゃり、地域の中で、我が事として様々な方を気にかけていただいていることを大変ありがたく感じております。

窓口を知っていただくため、チラシを作成したり広報誌に窓口を掲載するということをしておりますが、それらは方法の一つでしかありません。

チラシを配ってくださる方や窓口を紹介してくださるなど、身近な存在である皆さんがいらっしゃってこそ相談につながるのだと思います。

課題を抱えながら生活している方の中には・・・

様々なご相談を受ける中で相談者について次のようなことを感じることがあります。

  1. 困りごとをどこに相談していいかわからない。
  2. 相談する人が周りにいない。
    (別の地域から移ってきたや近すぎて相談しにくいなど)
  3. 本人の困りごとが家族や友人など本人以外に起因している。
  4. 同時に複数の課題を抱えている。
  5. 本人だけでなく世帯全員が課題を抱えている。
  6. 本人の「生活習慣」や「当たり前」が課題の要因になっている。

社会福祉協議会だけですべてのお困りごとを解決できるわけではありません。しかし、今後も様々な困りごとの解決に向けた相談やお手伝いを関係機関と連携しながら行っていきます。

訪問活動等の際の窓口のご紹介や、ご本人やご家族、ご近所の方などから相談を受けた際に「社協に相談してみたら?」とお声かけいただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

お気軽にご相談ください!!
生活(せいかつ)福祉(ふくし) (まる)ごと相談(そうだん)

  • 生活(せいかつ)のこと
  • 介護(かいご)のこと
  • 仕事(しごと)のこと
  • (しょう)がいのこと
  • 子育(こそだ)てのこと
  • 家計(かけい)のこと

(なや)みがあるけどどこに相談(そうだん)していいか()からない
・いろいろな手続(てつづ)きの方法(ほうほう)()からない
家計(かけい)のやりくりが(きび)しい
借金返済(しゃっきんへんさい)(なや)
仕事(しごと)()つからない・(つづ)かない
相談(そうだん)できる(ひと)がいない
()むところや()べるものがない
言葉(ことば)()にくい、(はな)すのが苦手(にがて)
・こころの(やまい)やひきこもりの(なや)み など

電話(でんわ)訪問(ほうもん)来所(らいしょ) ご希望(きぼう)方法(ほうほう)でお(なや)みをお()きします

社会福祉法人(しゃかいふくしほうじん) うきは()社会福祉協議会(しゃかいふくしきょうぎかい)
吉井(よしい)事務所(じむしょ)
 住所(じゅうしょ)/うきは()吉井町(よしいまち)347-1 うきは()総合福祉(そうごうふくし)センター 1(かい)
 電話(でんわ)/0943-76-3977
浮羽(うきは)事務所(じむしょ)
 住所(じゅうしょ)/うきは()浮羽町(うきはまち)朝田(あさだ)582-1 うきは市民(しみん)センター 2(かい)
 電話(でんわ)/0943-77-8351

()()わせ(さき)
(なや)んでいること 相談( そうだん)してみませんか? 電話(でんわ):0943-76-9370

~研修会のお知らせです~
成年後見制度や終活について学んでみませんか?

平成30年度 成年後見制度・市民後見人普及啓発講座
~最後まで自分らしく生きるために~
考えよう!成年後見制度と終活

高齢化や核家族齢化が進むなか、身近な人や家族、自分自身が最後までその人らしく生きるために、判断能力が低下した時に役立つ「成年後見制度」やよりよい人生の最期に向けた「終活」について学んでみませんか?

第1回

日時 11/13(火)13:30~15:30
内容 「事例から学ぶ成年後見制度」
講師 弁護士法人しらぬひ 柳川事務所
弁護士 桑原義浩氏
会場 うきは市総合福祉センター
(うきは警察署西側)2階大会議室 大会議室
対象者 市内在住または勤務の方
定 員 50名程度【要申込】
参加費 無料
申込締切 11/7(水)まで
申込・問い合わせ先 うきは市社会福祉協議会 ℡0943-76-3977

第2回

日時 11/20(火)13:30~15:30
内容 「終活」~自分らしい「生き方」「逝き方」~
講師 北九州ヘルスケアサービス株式会社事業所
運営指導・研修担当 就活カウンセラー事業
部長 馬場三重子氏
会場 うきは市総合福祉センター
(うきは警察署西側)2階大会議室 大会議室
対象者 市内在住または勤務の方
定 員 50名程度【要申込】
参加費 無料
申込締切 11/7(水)まで
申込・問い合わせ先 うきは市社会福祉協議会 ℡0943-76-3977