福祉員かわら版

通巻25号:平成19年3月1日発行

暖冬を過ぎて春を迎えようとしています

3月に入り、ますます温かい陽気に包まれてきました。暖冬の影響もあってか、例年よりも過ごしやすい気候になっています。

うきは市ではイチゴ等の春の果樹が収穫真っ盛りとなり、ミツバチも舞い始めています。
さて、2月中旬頃、中部・関東地方で起きた聴覚障害者を狙った詐欺事件で、詐欺会社の社長と社員計3名が逮捕されました。
この3名は、ろう学校出身者などのネットワークを悪用して勧誘。「私に預ければ月5%の利子を払う」と手話で投資話を持ちかけ、現金をだまし取ったようで、270名から総額27億円を詐取したようです。

他県で起きた事ではありますが、うきは市内でも悪質な訪問販売が出回っています。気になる所には訪問してみて、注意など情報を呼びかけてみて下さい。

「遺産・遺言」など法律で困った事はありませんか?

みなさんの身近に遺産・遺言・借金・離婚など法律に関して困った事はありませんか。

うきは市社会福祉協議会では毎月「福祉のかわら版」の〈安心・安全生活法律ワンポイントアドバイス〉という中で掲載しています。その掲載に関わっている徳弘至孝先生(日田公証役場)による「身近な法律問題住民講座」を開催することが決定しました。

徳弘先生は、日田公証役場において公正証書や遺産・遺言など多くの法律問題に着手し、うきは市内でも多くの皆様のご相談に応じています。
社協では今年度の相談員研修会に講師として来ていただき、多くの事例を元に解説していただき、好評を得ている先生です。

今回は一般の皆様を対象として行っている事から、皆さんの心配している事や、悩んでいる事をわかりやすく教えて頂けます。

参加費は無料になっています。「私は遺産の事で悩んでいます」「住民の方に公正証書や遺産の事を相談されました。どのようにすればわかりません」と思われている福祉委員さん。また、今回の内容に興味を持たれている福祉委員さんは是非参加してみてください。皆様のご参加心よりお待ちしています。
参加に関する日程は以下の通りです。日時・会場等をお間違いの内容にお願いします。

「身近な法律問題住民講座」
日時:3月13日(火) 14時~
会場:ムラおこしセンター(うきは市吉井町)
参加:参加費は無料になっています。

福祉レクリエーション講習会が開催されています。

先月の福祉委員かわら版にて、募集しました福祉レクリエーション教室が大盛況で開催されております。

2月中に開催された講習会では、講師として来ていただいていますヒューマンコミュニケーション研究所の添田先生の講習に参加されている皆さんが楽しく参加されていました。

2月分の研修会に関しては終了いたしましたが、3月分の講習会については現在も参加者を募集しております。
会場はうきは市民ホールコミュニティルームです。

今回の講習会に関しては、一般の方を対象に先着40名を定員にして開催します。
参加ご希望の方は、お電話にて吉井事務所(担当 :物部)、浮羽事務所(担当:権藤)までご連絡下さい。(℡0943-76-3977)。なお、定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。皆様のご参加お待ちしています。

講習会の日程は表の通りになっています。お電話の際には希望日(複数日でもかまいません。)を必ず伝えて下さい。

福祉レクリエーション講習会の日程
 ○3月1日(木)19時30分~ コミュニティ
 ○3月8日(木)19時30分~ コミュニティ

シリーズ 知恵の「わ」
~介護保険制度の入り口~

今回から知恵の「わ」は認知症に関する事を記載していきます。
前回は「もの忘れはなぜおこる?」という内容で掲載しましたが、今回は「認知症ともの忘れの違い」・「認知症の病気と大きな種類」について記載していきます。

 ◆『認知症』と『もの忘れ』の違い

認知症は、はじめのうちは歳のせいによるもの忘れとの区別がつきにくい病気です。大きな違いの一つとして、認知症は記憶のすべてを忘れてしまうのに対し、歳のせいによるもの忘れは記憶の一部を忘れているという点があげられます。
(「認知症」と「もの忘れ」の違いは下の図のような違いがあります)

認知症によるもの忘れ 老化(歳のせい)によるもの忘れ
病気 病気ではない
進むことが多い 半年~1年では変化なし
もの忘れ以外に時間や判断が不確かになる物盗られ妄想などの精神症状を伴うことがある 記憶障害のみ他の精神症状を伴わない
しばしば自覚していない 自覚がある

 ◆認知症の多くは「アルツハイマー病」と「脳血管障害による認知症」です。

認知症は、脳が病的に障害されておこります。その原因となる病気は、頭蓋内の病気によるもの、身体の病気によるものなどたくさんあります。
しかし、多くは「アルツハイマー病」と「脳血管障害による認知症」です。なかには、原因となる病気を適切に治療することで認知症の症状が軽くなるものもあり、それらは認知症全体の約1割を占めているといわれています。
日本では、脳血管障害による認知症の方がアルツハイマー病よりも多いといわれていましたが、最近ではその割合が逆転し、アルツハイマー病の方が多いとの報告があります。(つづく)

※次回の知恵の「わ」は認知症に関すると病気の関連性と認知症の原因となる病気についてお知らせ致します。

今年度のよりあいの様子

今年度のよりあいの様子です。


よりあいに参加させていただいた区のほとんどで近所での出来事、地域での問題・高齢者を襲う詐欺や架空請求などの話を聞きました。来年度もよりあいを継続できるように全力で社協もお手伝いさせていただきます。

~編集後記~

1年間この「福祉委員かわら版」を書き、広報誌の重要性や物事を伝えることの難しさを知りました。来年度は更に力を入れて、よりわかりやすい「福祉委員かわら版」を目指して頑張りたいと思います。一年間、目を通して頂き、本当にありがとうございました (権)

今月のうきは市写真館♪

 

今月のうきは市写真館は菜の花や梅の花など、春をお知らせする花たちです。写真を撮った頃は、ミツバチが菜の花の周りをうろついていました。いよいよ春が到来するような雰囲気を出していました。