福祉員かわら版

通巻49号:平成21年3月1日発行

春の陽気を感じる季節になりました

3月に入り、次第に暖かい日も増えると同時に、各区ではよりあい活動が活発に行われています。
また、区内では来年度の役員改選の時期であり、福祉委員の任期により、皆さまの中には、この3月で交代される方もいらっしゃるのではないでしょうか。任期を終えられる福祉委員さんお疲れ様でした。

福祉委員の方々には、これまで日常生活の中での見守り・声かけ訪問活動や、よりあい活動を支援して頂き、地域の福祉活動にご尽力を頂きました。

地域内の見守り活動などは、専門職や民生委員さんだけでは限界があり、地域の中で身近な存在として、福祉委員さんの協力は地域の福祉活動においても不可欠な存在です。

交代にあたって・・・
福祉委員に選ばれて、活動に慣れてきた頃には、もう交代の時期で・・と思われる方も多いかと思います。交代によって、地域内でせっかく定着してきた活動が沈静化してしまう例も少なくはありません。また、新しく福祉委員になられる方にあたっては、一体どういう役割があるのか分からないという方もおられると思います。
つきましては、前任の福祉委員さんには、後任の方へ福祉委員活動の引き継ぎを行って頂き、区内での福祉活動の取り組みの際には、是非新しい福祉委員の皆さんへご協力をお願いします。

福祉委員の活動が盛んな区では、福祉委員を一人ではなく複数設置して、前任の方がアドバイザー的な役割で活動に関わっている区もあります。任期を終えたから・・ではなく、日頃から見守り活動や助け合い活動に皆さまのお力添えを今後ともよろしくお願い致します。

よりあいコーディネーターフォローアップ研修会を開催しました

現在、市内での『よりあい』をサポートするため、よりあいコーディネーターの皆さんにご協力頂いています。
コーディネーターの方は、依頼に応じて血圧測定や簡単な体操、レクリエーションなどをおこなっています。

今後、ますます依頼が増加することも予想され、もっと地域に出ていく機会が増えるかと思います。前回の研修会の折、地域に出向くにあたってスキルアップしたいという要望もあり、フォローアップ研修会を開催しました。

講師としてヒューマンコミュニケーション研究所所長の添田先生にお越し頂き、ご指導いただきました。研修では、よりあいの中でレクリエーションをするにあたっての雰囲気づくりや声かけの仕方、身近なものを使ったゲームなどを教えて頂きました。皆さん、楽しく、そして、熱心に取り組まれていました。この研修会で学んだことを、今後の活動に役立て、地域に還元して頂きたいと思います。また、今後も、このような研修会を行い、活動に繋げて頂きければと思います。

地域で『よりあい』を開催される折、サポートが必要な区は社会福祉協議会までご相談下さい。必要に応じて、コーディネーターの方を派遣します。

ほっとスペースうきは~障害者地域支援センター~

うきは市総合福祉センター内に「ほっとスペースうきは」という障害者地域支援センターがある事をご存じですか?
障害者の交流、憩いの場として、各自自由に過ごせるスペースとなっています。また、障害に関する相談を受けたり、情報提供をおこなっています。

☆開館時間 9時30分~16時
☆開館曜日 月~金曜日、第4土曜日
(土日祝日、年末年始が休館)
☆対象者 うきは市内の障害のある方
☆利用料 無料

ご近所に、障害に関することでお悩みの方がいましたら、ご案内下さい。

テレビや本、遊具等も置いて自由に使用できます。   専門の相談員が、相談を受けます。来所が難しい方については、訪問し、お話をお聴きします。
℡:0943-76-3977(担当/綾部・臼井)

他にも、ほっとスペースではこんな活動をしています。

地域サポートクラブ「クルーズ」

精神神経科の病気をもちながら、自宅で療養生活を送られている方を対象に、社会参加、社会復帰を目的として地域の方々との交流を活かし、支え合う地域づくりや居場所づくりを行っています。

☆日時 第1~第4木曜日 9時30分~15時
☆対象者 うきは市にお住まいの方
☆内容 スポーツ、料理、映画鑑賞
☆費用 無料
(ただし、料理代、作品の材料代等の実費は自己負担です。)
☆参加者の声 家では、しないことがここにくると皆でできるので楽しいです。
自分のペースで過ごせます。
☆申込・問い合わせ
久留米保健福祉環境事務所 ℡:0942-30-1055

災害について考えてみませんか?
災害ボランティア入門講座参加者募集!!

災害に備えましょう!!

福岡西方沖地震からもうすぐ4年目を迎えようとしています。うきはの地においても大きな揺れを感じましたが、あの地震以降も日本各地では幾度も大きな地震が発生し、甚大な被害を被っており、うきは市においてもいつ地震が発生し、被災してもおかしくない状況です。

こうした地震をはじめとする大規模災害が発生した際、まず頼りになるのは家族そして隣近所の『たすけあい』です。このことは、過去の大規模災害においても家族や隣近所の手助けにより多くの人命が助かったことは明らかです。

今回、ボランティア活動の一環として、災害ボランティアについて学んでいただくに当たり、模擬体験をとおして防災・減災について知る事によって、災害から我が身、家族の安全を守ることから取り組んでいただき、それをご近所へと広げていただければと思います。

□日時 平成21年3月12日(木) 13時30分~16時30分
□集合時間 12時15分
□場所 うきは市総合福祉センター
□研修先 福岡市民防災センター
□内容 地震等模擬体験と防災についての講話
□定員 20名(先着順・定員に達し次第締め切ります)
□締切 平成21年3月6日(金)

ちょっと息抜きしませんか?
うきは市在宅介護者のつどい参加者募集!!

毎日の介護は、精神的にも肉体的にも疲れるものです。
少し介護を離れ、おいしい食事と、在宅で介護している方同士の交流で、介護疲れやストレスを解消しませんか?
ご近所に、介護で悩まれている方
などいらっしゃいましたら、ご案内の呼びかけをお願いします。

□日時 平成21年3月19日(木) 9時30分~15時     
□行き先 あまぎ健康ランド(薬草風呂やお芝居があります)
□内容 意見交換・交流会
□対象者 在宅で高齢者や障害者等を介護しているご家族の方
□集合時間・場所 (浮羽町)9時30分 社会福祉協議会浮羽事務所前
(吉井町)9時45分 うきは市総合福祉センター前
□参加費 五百円
□参加定員  20名(先着順・定員に達し次第締め切ります)
□締切 平成21年3月13日(金)
□申込・問い合わせ先 うきは市社会福祉協議会 吉井事務所
Tel:0943-76-3977 Fax:0943-76-4329
ホームページよりお問い合わせ