福祉員かわら版

通巻69号:平成22年11月1日発行

秋も深まり、日増しに寒さの募る昨今を迎えています。
年末には、地域にて歳末たすけあい活動など福祉活動が行われるかと思います。手洗い・うがいを徹底して体調管理に気をつけていただければと思います。


千年校区福祉・コスモス祭り開催

各地で、福祉大会が行われていますが、その中一つをご紹介したいと思います。10月23日に、千年校区にて福祉・コスモス祭りが開催されました。

写真:樋口 泰範 氏

午前中は、千年小学校の体育館にて福祉講演と保育園児による踊り、書道や絵画などの作品展示などがありました。
講演では、前うきは市教育長樋口泰範氏より「千年」という名の由来と歴史、そして福祉というのが高齢者や障害者とイメージしがちであるが、そうではなく福祉大会など多くの人が協力して楽しく集う機会をつくるのも福祉であるという話がありました。

また、千年保育園の子ども達によるかわいい踊りに、来られた方は楽しそうにされていました。
午後からは、公民館の外に設置した手作りの舞台で芸能祭が行われ75歳以上の方には、バザー券を事前に配布していたので、お食事をしながら観賞していただきました。
会場には、子どもから高齢者まで多くの方が足を運ばれていて、賑やかな一日となりました。
さらに、会場では、赤い羽根共同募金活動の一環として、イベント募金をさせていただき、啓発活動にもご協力いただきました。ありがとうございました。


今後の福祉大会の予定
11月7日(日)山春校区(山春小)13時~
11月14日(日)大石校区(大石小)10時~

ふれあいセンター福富 一人暮らし高齢者交流会開催

10月8日(金)に、西延寿寺公民館にて、70歳以上の一人暮らしの方をお招きして、「一人暮らし高齢者交流会」が開催され、24名の方が参加されました。
千草保育園の園児との交流やひょっとこ愛好会の出し物など参加された方々に楽しんでいただけるようにたくさんの催し物がおこなわれました。

参加された方からは「皆で集まったり、保育園児と触れ合うことがとても楽しみやった」とこの日を待ち遠しく楽しみにされていた声も聞かれ、笑顔あふれる交流会となりました。

普段、お一人暮らしで、外出の機会が少ない方やおしゃべり相手が少なく寂しい思いをされている方などにとっても、交流会に参加し、地域の方と触れ合うきっかけの場になったのではないでしょうか。

写真:ひょっとこ踊りに大笑い   写真:園児たちと音楽に合わせて一緒に手遊び♪

また、今回、ふれあいセンター福富で行う初めての交流会でしたが、民生委員さんや福祉委員さん、調理ボランティア「かりん」の皆さんなどたくさんの方々がさまざまな面で協力され、交流会を盛り上げられたので、楽しい一日となりました。

赤い羽根共同募金ご協力ありがとうございます

10月1日より、様々な形での赤い羽根共同募金へのご協力ありがとうございます。

10月1日・7日には、①道の駅うきは②マックスバリュ③サニー吉井店④Aコープよしい店⑤DSイズミ⑥Aコープうきは店⑦サンピットバリューのご協力で、各店頭にて「街頭募金」を行いました。

今回の街頭募金活動には、1日は、希望が丘のみなさんや浮羽中学校、吉井中学校そして浮羽究真館高校の生徒さん方に、協力いただきました。7日は、浮羽共同作業所のみなさん、白鳥の家のみなさんに協力して頂き、それぞれで、多くの募金が集まりました。

買い物に訪れた方々はお忙しい中、足を止めて募金にご協力していただきました。ありがとうございました。
また、募金活動に参加してくれた浮羽共同作業所の方からは、「ふだん、小さな声で話す事が多いが募金の呼びかけを通して、元気よく声を出すことができて良かったです」という感想も頂きました。
ちなみに、今回の街頭募金の様子は、10月9日(土)付けの西日本新聞にも掲載されました。

「災害ボランティア」講習会開催します!!

◇日時 平成22年11月6日(土) 13:30~15:30
◇内容 「災害に備えて!!」~地域で何ができるでしょう?~
◇講師 NPOふくおか災害ネットワーク
酒井 澄彦氏
◇場所 総合福祉センター 2階大会議室
◇参加料 無料
事前申し込みは必要ありません。
◇対象者 うきは市内にお住まいの方ならどなたでも参加できます。
特に区の役員さん、民生委員さん・福祉委員さんの参加をお待ちしてます。
【申込み・問い合わせ先】
うきは市社会福祉協議会 吉井事務所:0943-76-3977

学生二人が社協で地域福祉を実習

写真:(左)生野さん(右)後藤さん

9月末から約1ヶ月間、久留米大学と麻生医療福祉専門学校からお一人ずつ実習生が来ていました。

2人には、社協の事業や地域調査を通して『地域を知る』ということを学んで頂きました。
よりあいや福祉大会、赤い羽根共同募金活動などに参加してもらい、地域にお邪魔したので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

上記の「ふれあいセンター福富の一人暮らし交流会」の記事と写真も2人で試行錯誤して書いてくれました。

2人には、この実習期間の出会いや感じたことを忘れないで、これからも、頑張って欲しいと思います。お疲れ様でした。

希望が丘のお祭りにお邪魔しました!!

10月16日(土)に、小塩にある希望が丘の「第三回ふれあい祭り」に行ってきました。以前は、この時期に運動会をされていたそうですが、利用者の高齢化もあり、お祭りを開催するようになったそうです。

初めてお邪魔しましたが、利用者さんのご家族はもちろん、地域の子ども達の多さに驚きました。普段から地元の小塩小学校の生徒さんとは交流があることもあって、会場には子ども達の賑やかな声が響いていました。

コロッケやホットドックなどの屋台があり、利用者が笑顔で接客してくれました。また、舞台では踊りやカラオケ、ダーツなどがあり、地域の人と利用者が一緒になって盛り上がりました。

夕方には、グラウンドゴルフを終えた皆さんもお祭りに寄られ、子どもから高齢者まで多くの方で賑わったお祭りでした。

福祉関係の施設は、年に数回、地域との交流イベントを開催することが多くあります。福祉委員の皆さんも地元の施設等でイベントがある際にはお立ち寄りください。施設内を見学できたり、利用者との出会いや新しい発見があるかもしれません。(栗)