福祉員かわら版

通巻78号:平成23年8月1日発行

暑中お見舞い申し上げます!

相変わらず暑い日が続いていますが、体調など崩されていないでしょうか?テレビ等でも何度も報道されていますが、室内でも熱中症は起こります。
自分で体調管理が難しい高齢者や子どもなどがかかりやすいといわれていますが、油断すると誰でもが熱中症にかかる可能性はありますので、水分補給など気をつけてください。
下記に、国民生活センターに寄せられた事例をご紹介します。よりあいの時などに、話しをして頂き、注意の啓発をお願いいたします。

事例1

高齢の母親宅を午前10時頃訪ねたところ、窓を閉め切った暑い部屋で、母親がベッドにうつぶせになり動けなくなっているのを発見した。(当事者:80歳代 女性)

事例2

河川敷で草刈りをし、夕方5時頃帰宅しようとしたところ、急に倒れ、けいれんを起こしてしまった。(当事者:60歳代 男性)

ひとこと助言

7、8月は最も熱中症が発生しやすい時期です。特に高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくくなっているため、自覚がないまま重症化する傾向があります。今年は震災の影響から節電への意識が高まっており、より一層の注意が必要です。

  • 高齢者では特に、室内で熱中症になるケースが目立ちます。窓を開けたり扇風機を使用したりして、室内が高温多湿にならないよう注意しましょう。
  • 通気性の良い服を着たり、濡れタオルなどで首やわきの下を冷やしたりして、身体の熱を逃がしましょう。霧吹きで身体を湿らせるのも効果的です。
  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給することが大切です。周りの人も水やお茶の入った水筒を用意しておくなど、水分補給の手助けをしましょう。

独立行政法人国民生活センター発行 見守り新鮮情報第114号より


障害児支援ボランティア養成講座参加者募集!!

障害をもつ子ども達について学んでみませんか?そして、子どもたちと楽しい時間を過ごしてみませんか?下記の内容で講座を開催します。皆様の参加をお待ちしております♪

期日 8月17日(水)、19日(金)、23日(火)、26(金)
時間 13:30~15:30まで
場所 うきは市総合福祉センター 大会議室
(4日目のみ場所変更の可能性あり)
対象者 障害児支援ボランティアに興味のある方で、高校生以上の方
ただし、なるべく4日間とも参加できる方。
定員 25名(先着順・定員になり次第〆切)
内容 1日目 ①ボランティアとは?
②障害児の利用できる制度について知ろう
2日目 ①発達障害について知ろう
②障害児の家族から体験談を聴こう(市内の方)
3日目 ①脳性麻痺について知ろう
②障害児の家族から体験談を聴こう(市内の方)
4日目 障害児との交流会
申し込み先 うきは市社協・うきは市ボランティアセンター
℡:0943-76-3977(栗原・藤川)
※8月12日(金)までにお申し込みください。

地域の子どもを見守ろう!!

さて、地域では、夏休みということで、子ども達の姿を多く見かけます。
そのような中、うきは警察署のホームページに、下記のような交通安全ワンポイントが掲載されていましたのでご紹介します。
子どもは、思いがけない行動をとることがありますので、日頃から気をつける気持ちを忘れてはいけません。
また、水の事故も多いので、子ども達が危険な水遊びをしていないかなど、地域での見守りをよろしくお願い致します。

夏休み期間中の交通事故防止

昨年、うきは警察署管内では、夏休みに入り、少年(子ども)の事故が多発し、ドクターヘリが出動するような重傷事故が数件発生しました。

夏休みは、少年が自転車やバイクで外出する機会が増えます。
地域全体で、大切な子どもさんを交通事故から守りましょう。

交通事故を防止するため・・・

①ドライバーの方は
見通しの悪い交差点では、「子どもが飛び出してくるかもしれない」という意識を持って防衛(かもしれない)運転を心掛けましょう。
②ご家庭では
子どもさんが外出するときは、「一時停止と安全確認を忘れず、絶対に飛び出さない」などの交通安全に関する声かけをお願いします。

地デジに移行されました。

皆さんもご存じの通り、東北3県を除き、平成23年7月24日で、テレビのアナログ放送が終了し、地デジ(地上デジタル)放送に完全移行となりました。

テレビで情報を得ることは、重要なことであるため、以前から告知等が行われていましたが、移行した後に、問い合わせコールセンターやNHKなどに、「テレビが見れない」というような問い合わせが多くあったようです。

このように、地デジへの移行準備が間に合わずテレビが見られなくなった方は「地デジ難民」呼ばれ、高齢者が中心と言われています。

以前より積極的に告知は行われていましたが、誰かの支援がなくては、どのような手続きを取ったら良いのか分からない方々もいたのだと思います。
地域の方で、まだ移行されておらずお困りの方がいないか訪問時などにも声を掛けていただきたいと思います。
総務局では、地デジに関する相談を受け付けているようですので、何かお尋ねや問い合わせがありましたら下記まで、ご連絡されるようお伝えください。

総務省地デジコールセンター電話番号:0570-07-0101
※ただし、今は、問い合わせが殺到していて、なかなか繋がらないようですし、通話料がかかります。