福祉員かわら版

通巻88号:平成24年6月1日発行

気をつけたいこと

梅雨の季節となりました。雨で視界が悪くなりますし、雨音で車や自転車の音もかき消されることもあります。車の運転や歩行者、どちらも気をつけてください。

さて、雨が続くと外で遊べる機会が少なくなり、屋内で過ごす子ども達も多くなるでしょう。

国民生活センターのホームページに、下記のような子どもに関する気をつけたい情報が掲載されていましたので、ご紹介したいと思います。

現在は、スマートフォンといって、パソコンと同じような機能をもつ携帯電話も普及しています。
子ども達は、ゲームの中のキャラクターを強くするのに夢中になり、有料のアイテムを購入していくうちに、高額の請求が来たということもあるようです。 一度、パソコンや携帯電話の使い方について、ご家族で話し合うことも大切です。
※オンラインゲームとは・・・インターネットを介して複数の人が同時に参加して行われる コンピュータゲーム。

お困りごとを聴いたらどうするのか?

先日、ある福祉委員さんより、地域の方の困った様子を見て「このような対応をしました」というお話がありましたので、ご紹介します。 福祉委員さんは、区内の山田さん(仮名)が、最近、元気がないのが気になっていたそうです。声を掛けると「お金」の問題で悩んで、どこに相談して良いか困っていたのです。 その後、社協の無料弁護士相談を勧めると山田さんは、実際に相談に行き、問題の解決に向けて一歩進むことができたそうです。 このように、地域のお世話役の皆さんは、様々な情報を日頃からキャッチして、お困りの方に情報を発信する役割も担って頂きたいと思います。

福祉委員

山田さん、最近、元気がないけどどうしたの?

山田さん

お金のことで困っているんだけど、どこに相談して良いか分からないんだ!


福祉委員

社協で月1回、無料弁護士相談(予約制)があったわよ

山田さん

社協ですか?
今度の無料弁護士相談を予約したいんですが?


福祉委員さんのアドバイスを受け、困りごとの解決に向けて弁護士に相談することにしました。

弁護士

その後、予約が取れて弁護士に相談ができました

民生委員と福祉委員の懇談会!!

各行政区の情報を共有しましょう

写真:民生委員福祉委員懇談会の様子

現在、各地では、民生委員・福祉委員懇談会が開催されているのではないでしょうか?
今回、包末・能楽・溝口区を担当している江島民生委員の声掛けで、懇談会が開かれていましたのでお邪魔しました。

こちらでは、地域のことをお互いに知っておくために、福祉委員だけでなく、区長、分館長、老人会支部長にも集まっていただき、それぞれの年間の活動計画や地域の課題について話をしました。

参加された方々からは、「私の区でもよりあいができたら良いな」「だったら、今、よりあいをしている区にお世話人が見学に行った方が良いですよ」など意見が出ていました。 懇談会を通して、各々の活動を参考にし、情報を共有することで、自分たちの区に取り入れることが出来そうなことを少しずつ取り入れると、より良い地域作りに繋がるのではないでしょうか。