福祉員かわら版

通巻89号:平成24年7月1日発行

福祉委員研修紹介

ふれあいセンター御幸では、福祉委員研修として、「公民館のバリアフリー点検」が行われています。

この点検活動では、公民館など公共施設が、体の不自由な方でも使いやすいのかを確認し、今後の改善に繋げようとするものです。

写真:階段の幅が狭く勾配が急だと、介助者が付くのも大変でした。

当日は、実際に電動車イスをお使いの方に御協力いただいて、福祉委員さんも車イスに乗ってみて、入り口の段差や階段、トイレの間口の狭さなどを体験し、車イスの押し方、介助の仕方なども学びました。

普段は何気なく使っている公民館も、立場を変えればいかに使いづらいのか感じることで、今後よりあいなどでお誘いする際の参考になればいいですね。

バリアフリーを考える

公営住宅はバリアフリー化が進んでいるようです。

ある区の福祉委員さんからの情報提供ですが、「住んでいる住宅が建て変わってから、とっても住みやすくなった」とのご連絡をいただいて、早速お家を取材させていただきました。

まずは、2階へ上がる階段ですが、幅も広く両側に手すりが設置してあり、勾配も緩やかにとってありました。

玄関を入ると、奥の部屋やトイレ・寝室・お風呂の入り口全てフラット(平ら)で、段差のない設計に。
また、お風呂には3本、トイレには1本手すりが備えられ、立ち座りに負担がかからないようになっています。
さらに、各部屋には何かあった際に緊急ブザーが鳴るように、ブザーのコンセントが埋設されており、必要に応じて付けられるようになっています。

帰り際に靴を履こうとしたら、靴置き場の壁にも手すりが付けられており、いたるところで配慮がされているなと感じました。

上の御幸公民館のバリフリー点検の記事と比較すると、大きな差がありますが、介護保険の認定を受けている方は、住宅改修が1割自己負担(20万円を上限)で出来ます。詳しくは担当のケアマネージャーや市介護保険窓口にお問い合わせください。
こういう作りが参考になればと思います。

自分のできること発見!!

うきは市ボランティアセンターでは、これまでも、さまざまなボランティア講座を開催してきました。

しかし、「ボランティアといっても、どのようなことがあるの?」「どこに相談に行けば良いの?」というように、ボランティアへの最初の一歩がなかなか踏み出せないという方も多いのではないかと思います。

そこで、今回は下記のように、《入門》講座を開催致します。ボランティアについて少しでも知って貰えるような講座を企画しています。

ボランティアについての講演やどのボランティアにも共通する傾聴について、さらにはうきは市内で実際に活動しているボランティアさん達のお話など内容は盛りだくさんです。

なるべく4日間全ての参加をお願いしておりますが、8月11日と18日の講演に関しては、ボランティア初心者に限らず、聴いてみたいと思われる方なら参加できます。(ただし、事前の申し込みをお願い致します。)

写真:1日目の講師→栗木剛氏
全国各地で講演を行う大人気講師!!
写真:3日目の講師→日本赤十字社福岡支部
車いすの操作方法や移乗方法を学びます♪

目からウロコのボランティア講座受講生募集!
(ボランティア初心者向け講座)

「ボランティアをしてみたいけど難しそう…」「うきは市にはどんなボランティアあるんだろう?」と思っている方。この講座を受講して、楽しくボランティアをはじめてみませんか?

第1回 8月11日(土)

★「ボランティアとは?」
講師/Mottoひょうご 事務局長 舌耕家 栗木 剛 氏
★ボランティア体験談
講師/市内のボランティアさん

第2回 8月18日(土)

★「気持ちを受け止める話の聴き方」
講師/NPO法人うめづメンタルケアセンター
   臨床心理士 板東 充彦 氏

第3回 8月25日(土)

★「実際に体験してみよう」車いす体験
講師/日本赤十字社 福岡県支部講師

第4回 9月1日(土)

★「振り返ってみよう!」
講師/うきは市ボランティアセンター
   ボランティアコーディネーター
◇時間: 13時~15時
◇対象者: ボランティアに興味のある方、
ボランティアを始めてみたい方(中学生以上)
◇募集人員: 30名
※ただし8/11・8/18は定員50名で、どなたでもご参加いただけます。
◇会場: うきは市総合福祉センター
(うきは警察署西側)
◇参加費: 無料
◇申込み〆切: 7月31日までにお申し込み下さい

【申込み・問い合わせ先】
うきは市ボランティアセンター 電話0943-76-3977