福祉員かわら版

通巻97号:平成25年3月1日発行

福祉委員活動その後に・・・

さて、福祉委員の任期が迫っています。このかわら版を手にされている方の中には、今期で任期を終える方、または継続される方さまざまではないでしょうか。

福祉委員を経験され、皆さんいかがでしたでしょうか?最初は、「福祉委員とはなんぞや?」「ふれあいセンターや公民館福祉部とは何?」という状況から福祉委員を始められた方も多いのではないでしょうか?

しかし、福祉委員活動を通して、気づいていなかった地域の実情や課題、また素敵なことなど色々な発見ができた方がいるかと思います。
なお、これらの経験を福祉委員の任期を終えても活かして欲しいと思います。

まずは、どのような活動をされてきたのか引き継ぎをお願いいたします。もちろん、社協からも福祉委員活動についてお話をさせていただきますが、各区によって活動内容は様々です。よって、現在の活動について現福祉委員さん方より直接、引き継ぎをお願い致します。

次に、今後は地域のボランティアとしてお手伝いをしていただきたいと思います。例えば、よりあい活動の際に、お世話人としての支援です。よりあい開催のチラシ配布にしても、当日のお世話にしても、対象者が多ければ1・2人の福祉委員では負担があります。そこで、任期を終えられた福祉委員の皆さんが、次はボランティアとしてできる時には、支援していただきたいなと思います。

また、見守りのボランティアもあると思います。福祉委員だけでは、気づけない地域住民の声に耳を傾けて、何かあったら福祉委員に伝えていただきたいと思います。

この流れが続いていけば、福祉委員だけに負担が掛からず、さらに地域全体で地域を見守っていくことができるようになるでしょう。

これまで、活動をしてくださった皆さんは、他の方よりも「お困りごと発見のアンテナ」は敏感だと思います。これからも、地域福祉の推進にぜひご協力ください。

うきは市内でボランティア

地域の役も一段落。少し時間が空くな・・・と思われる方。また、仕事を定年退職されて、「何かしたいけど思いつかない」と思われている方に「ボランティア」は、オススメです!

うきは市内では、さまざまなボランティアが活動しています。先述した地域の見守りボランティアもその一つですが、グループで活動している方々がいます。

どのようなグループがあるのか、またボランティアを依頼したいと思われる場合の相談窓口としてうきは市ボランティアセンターがあります。

1.総合福祉センター正面(南口)入口を入ると正面階段の頭上に看板があります
2.正面階段を上ると、すぐに左手に、また看板があり、扉を開けると・・・
3.正面階段を上るとボランティアセンター到着です
4.センター内には、うきは市内で活動中のボランティアグループの活動風景を紹介しています

場所は、うきは市総合福祉センター(社協吉井事務所のある建物)の2階です。

※月・水・金は、ボランティアコーディネーターが9:30~15:00まで常駐し、皆様のボランティアに関するご相談に乗っています。

【問い合わせ先】
うきは市ボランティアセンター 電話 0943-76-3977

ちょっと遊具をご紹介!! ペタボード!!

1.まず2チームに分かれます。(少人数なら個人戦でも可)

2.先攻、後攻を決め交互に、スティックを使ってディスクを得点の書いたシートの上に乗るように押し出します。

3.相手チームのディスクを押し出したり、自分のチームのディスクに当てて高得点エリアに移動させても良い。

4.最終的に、シート上に残ったディスクの合計得点の多いチームが勝ち!

※うきは市社協では、よりあいに限らず、子供会、老人会など地域の集まりの際には、遊具を無料でお貸ししています。
使い方も簡単で、初心者でも使いやすい遊具がたくさんあります。
どのようなものがあるのかご興味のある方は、うきは市社協吉井事務所、浮羽事務所どちらにもありますので、ぜひお越しください。
なお、貸出の際には申請が必要です。申請者の印鑑をご持参ください。

【問い合わせ先】
うきは市社会福祉協議会 
吉井事務所 0943-76-3977  浮羽事務所 0943-77-851