福祉員かわら版

通巻181号:令和2年3月16日発行

ボランティアセンターだより

ふくおか《きずな》フェスティバルへ行ってきました!

2月16日(日)、寒風の吹く中、 春日市のクローバープラザにて、毎年恒例のふくおか《きずな》フェスティバルが開催されました。県内から約900名のボランティアの参加があり、うきは市からも、40名が参加しました。

写真:カラフルな布を衣装にまとった演出で、華やかなオープニングとなりました。

オープニングイベントでは、大谷小学校ママさんコーラス『プリティウーマン』による、「黒田節」等の演目が披露されました。美しいハーモニーと演出に大きな拍手が湧きました。

記念講演は、「こどもの貧困と居場所づくり」をテーマに、筑紫女学園大学准教授の大西良先生よりご講演いただきました。

写真:障がい者施設の手作り製品販売や、クラフト体験コーナー等もあり、盛況でした。

先生自身が子ども食堂の運営にかかわる中で、子どもを取り巻く様々な課題の根底には貧困があると感じ、食堂運営には、そういった問題にいち早く気づいて、対応することも必要だとお話いただきました。

今年も、福祉に関する様々な活動を学び、新しい知識と元気をいただくことができました。