福祉員かわら版

通巻196号:令和3年6月15日発行

第三者委員委嘱状交付

写真:本会髙山会長より二名の方に第三者委員委嘱状を交付いたしました。

5月10日(月)、介護老人福祉施設 水月吉井、特別養護老人ホーム えびね荘、社会福祉法人 うきは市社会福祉協議会の3施設合同で、第三者委員委嘱状交付式が行われました。

福祉サービスに関する苦情は本来、当事者である利用者と事業者の間で解決されるべきものですが、両者の関係がこじれたり、事業者には直接苦情を言いにくいものなどがあります。

写真:左)楠原 利春さん(浮羽)
右)熊懐 勝子さん(上吉井)
【任期:令和3年4月1日~令和5年3月31日】

第三者の客観的な視点を取り入れることで、公正な判断による解決ができます。

また、利用者個人の権利を擁護するとともに、利用者が福祉サービスを適切に利用することができるようになります。

この仕組みを『苦情解決制度』と言います。

苦情解決をルール化して、密室化を防ぐことで虐待防止の効果も期待できます。

相談日

吉井事務所
7, 11, 3月の第1火曜日
浮羽事務所
5, 9, 1月の第1火曜日