福祉員かわら版

通巻176号:令和1年10月15日発行

ボランティアセンターだより

救急救命講座を開催しました

9月27日(金)、うきは市総合福祉センターにて、ボランティアを対象とした救急救命講座を開催しました。

写真:手順を確認しながら、繰り返し練習しました。

当日は、久留米広域消防本部より、講師に来ていただき、普通救命講習を受講しました。

救急車が到着するまでには、約8分かかるそうです。その間に、胸骨圧迫、人工呼吸、AEDを行うことで、社会復帰率が高まります。

勇気を出して救助を行う大切さを感じ、みんなで熱心に受講しました。

すでに受講したことがある方も多い講座ですが、毎年、習っていても忘れていることがあります。

救助において重要なポイントをみんなで復習、再確認しながら、実技に取り組みました。8分間胸骨圧迫を続けることがいかに大変なことかを身をもって体験し、周りに人がいたら、手伝ってもらうことの大切さを実感しました。

取り組む中で、参加者からいくつもの質問が出され、講師の方には丁寧にお答えいただきました。

日常の中で、いつ救助が必要な場面に遭遇するか分かりません。備えておくことの大切さを学びました。