福祉員かわら版

通巻181号:令和2年3月16日発行

ボランティア活動保険について

内容の改定がありましたのでお知らせいたします

ボランティアの増加とともに事故の発生も増加するなか、保険料を据え置きながら制度を維持するため、これまでの4プランを2プランに整理します。

①基本プラン②天災・地震補償プラン

〈基本プランと天災・地震補償タイプの違い〉

平時・災害時とも、地震・津波・噴火に起因する死傷について、基本タイプでは補償対象外、天災・地震タイプでは補償対象となります。
※被災地でのボランティア活動では、予測できない様々な事態が想定されます。

活動中の二次被害への備えとしても、あらかじめ②の天災・地震補償プランに加入いただきますと、より安心してボランティア活動に参加いただけます。

従来の加入プラン

プラン/保険金額 基本タイプ 天災タイプ
Aプラン Bプラン Aプラン Bプラン
死亡保険金 1,040万円 1,400万円 1,040万円 1,400万円
後遺障害保険金
(限度額)
1,040万円 1,400万円 1,040万円 1,400万円
入院保険金日額 6,500円 10,000円 6,500円 10,000円
手術 入院中の手術 65,000円 100,000円 65,000円 100,000円
保険金 通院中の手術 32,500円 50,000円 32,500円 50,000円
通院保険金日額 4,000円 6,000円 4,000円 6,000円
地震・噴火・津波による死傷 × ×
賠償責任(限度額) 5億円 5億円 5億円 5億円
年間保険料 350円 510円 500円 710円

令和2年度加入プラン

プラン/保険金額 基本タイプ 天災・地震補償プラン
死亡保険金 1,040万円 1,040万円
後遺障害保険金(限度額) 1,040万円 1,040万円
入院保険金日額 6,500円 6,500円
手術 入院中の手術 65,000円 65,000円
保険金 通院中の手術 32,500円 32,500円
通院保険金日額 4,000円 4,000円
地震・噴火・津波による死傷 ×
賠償責任(限度額) 5億円 5億円
年間保険料 350円 500円
  • ※基本補償プランの保険金額および保険料は従来の基本タイプAプランと同一、天災・地震補償プランの保険金額および保険料は従来の天災タイプAプランと同一です。

ボランティア行事用保険

※ボランティア行事用保険については、保険料・保険金額・補償内容ともに改定はありません。

現在加入のボランティア保険の補償期間は令和2年3月31日までとなっています。
令和2年度のボランティア保険は、4月1日から受け付けます。