福祉員かわら版

通巻182号:令和2年4月15日発行

ウイルスとひきこもり

ひきこもりの手前でもどうぞ

4月になりました。本来なら、3月から卒業・入学・入社など人生の新しいステージに羽ばたく機会が続くこの季節ではありますが、新型コロナウイルスによりイベントのほとんどが中止や自粛、時間や規模を縮小しての実施など影響を受けています。

特に今年度入社する若者にとっては、入社式も中止になり、研修も受けられないなど多大な影響が出ています。

そんな中、既に内定を受けていた企業から年度末で内定取り消しを受けたという非常にショッキングなニュースも流れました。

内定をもらい、夢や希望を持って新生活を迎えようとしていた若者の思いが、ウイルスのせいとは言え、摘まれてしまう。当事者やその周りの方にとっては、非常に苦しいものだと思います。

一方、社会的にみると、全世界で流行していることもあり、飲食業だけでなく、旅行業や小売・販売業など多方面で、これから更に大きな影響が出てくると考えられます。

そんな状況下では、体調や精神的に不安定になる事や、仕事が無くなり、家にひきこもりがちになってしまう事もありえるかもしれません。

社協では悩んでいる状況をお伺いし、一緒に解決の方法を考えていきます。

ご相談の内容によっては、ひきこもりの相談員だけでなく、他の担当者も一緒にお伺いして、問題の解決に向けた方法をご提案することができます。

ひきこもりになっている状況だけでなく、その手前の、ひきこもりがちになってしまった状況にお困りの方も、どうぞお気軽に下記連絡先までご連絡ください。

ご本人ではなく、ご家族、お知り合いや、ご近所の方からのご相談もお待ちしています。

まだまだ新型コロナウイルスの影響は大きく、感染拡大も予想されます。

皆さま、どうぞご自愛ください。

不登校・ひきこもり相談・交流スペース

Switch ~Since 2012~

イラスト家にひきこもり気味の方や学校や適応指導教室に行けないお子さんで家以外に「居場所」が欲しい当事者が集まれるスペースを設けました。一緒にこれからの事話してみませんか?

場所 うきは市総合福祉センター 1階
相談・交流スペース
詳細 まずは下記番号にご連絡下さい。
個別に話を伺い、参加までの流れをお話します。

◆ひきこもり相談支援員

イラスト権藤 俊介(ごんどう しゅんすけ)
森山 明子(もりやま あきこ)
うきは市社協 吉井事務所内
うきは市吉井町347-1
電話 0943-76-3996
メールでのご相談は
ufhs.mail@gmail.comまで
受付時間 平日8:30~17:15

うきは市不登校・ひきこもりを考える親の会
みつばちの会

うきは市社協では、「うきは市不登校・ひきこもりを考える会」と共催で、毎月1回家族会を開催しています。

一緒に不登校やひきこもりについて話してみませんか?

日 時 第3水曜日(5/20) 19:00~
会 場 うきは市総合福祉センター1階 相談・交流スペース
費 用 無料
内 容 長阿彌幹生(ちょうあみみきお)先生を迎えて、参加者同士で話をし、家庭や自分自身を見つめる機会を設けていきます。