福祉員かわら版

通巻182号:令和2年4月15日発行

のばそう!健康寿命、担おう!地域づくりを
~老人クラブだより~

うきは市老連女性部 高齢者支援視察研修会報告

山春校区 東 多喜子

2月12日(水)、参加者46名で筑後平野の中央部、柳川市に隣接した、キノコの生産量九州一という農業の町、大木町にある『おおき循環センター』へ視察に行きました。

新聞等で大木町の循環のまちづくりの記事を目にしていたので、とても興味がありました。

大木町の取り組みは大変素晴らしく、事業の大きさに驚きました。生ごみを液肥化して農業に還元し、それで出来た農産物を地元の人たちの食料にする、生ごみ資源活用やリユース(再利用)、紙オムツの建築用壁材への再生など、とても画期的なものでした。

大木町は、【ゼロ・ウエイスト宣言】を出し、無駄をなくす取り組みを行われており、この視察により、多くの気づきと学びをしました。

今後は、【ゼロ・ウエイスト】の気持ちを心がけ、意識したごみ出しを行っていきたいと思います。

うきは市老人クラブ会員募集中

あなたの入会をみんなで待っています。

申込みは、クラブ長さんへ!
問合せ先:うきは市老人クラブ連合会(うきは市総合福祉センター内)(内線取次ぎ)0943-76-3977