福祉員かわら版

通巻197号:令和3年7月15日発行

感染症予防と心の不安

暑い夏を迎えています

新型コロナウィルスの変異株が複数の国々で拡がりをみせています。

ワクチン接種と今まで通りの感染予防で、一旦感じられた安堵感がそのまま保てますように切にお祈りいたします。

感染予防の日々にできることをやる、楽しめるという方もおられますが、同じ毎日に、人との交流が途絶え、気力が起きづらい方も少なくありません。

一度、ぐっすり寝て、起き、朝陽を浴びれば、体と脳が修復され、体力の回復となり得るのでしょうが、思うように心と体が伴わず、自分を責めがちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そういう私も3~4時間、そんな感覚の時間が続いたこともあり、気を紛らわすなど、惰眠を許してすごしました。

でもそれが長く続くと不安もでてきます。

表情が優れなかったり、呼吸が浅かったり、以前に比べ食欲やおしゃべりが少なかったり。

そのような状況を感じている方が近くにいらっしゃるかもしれません。

感じ取れる何かがあれば、距離を保ちつつ、否定的な言葉ではなく、プラスの言葉を日頃より心がけ、接してください。

きっと近い将来、相手の笑顔にまた会えるはずです。

作り笑顔でも脳が誤解し、幸福度は上がると言われています。

ウイルスは予防し、笑顔は周囲に広めましょう。

さて、うきは市社協では、毎月第3水曜日19時から、不登校・ひきこもり家族会を定期開催しています。

家族のこと、子どものこと、仕事のこと、いろいろな話題で語らうことで、1人で悩んでいたことが少しずつ整理され、生き易さのヒントにつながっています。

『北風と太陽』の『北風』に心当たりある方、『太陽』で頑張り過ぎる方、コーディネーターを囲んで、何気ないお話をして、心を楽にしていきませんか。

どなたでも参加できます。

お気軽にご連絡ください。

不登校・ひきこもり相談・交流スペース

Switch ~Since 2012~

イラスト家にひきこもり気味の方や学校や適応指導教室に行けないお子さんで家以外に「居場所」が欲しい当事者が集まれるスペースを設けました。一緒にこれからの事話してみませんか?

場所 うきは市総合福祉センター 1階
相談・交流スペース
詳細 まずは下記番号にご連絡下さい。
個別に話を伺い、参加までの流れをお話します。

◆ひきこもり相談支援員

イラスト権藤 俊介(ごんどう しゅんすけ)
熊野 智春(くまの ちはる)
うきは市社協 吉井事務所内
うきは市吉井町347-1
電話 0943-76-3996
メールでのご相談は
ufhs.mail@gmail.comまで
受付時間 平日8:30~17:15

うきは市不登校・ひきこもりを考える親の会
みつばちの会

うきは市社協では、「うきは市不登校・ひきこもりを考える会」と共催で、毎月1回家族会を開催しています。

一緒に不登校やひきこもりについて話してみませんか?

日 時 7/21, 8/18 19:00~21:00
※リモート、集合どちらでもご相談ください
会 場 うきは市総合福祉センター1階 相談・交流スペース
費 用 無料
内 容 長阿彌幹生(ちょうあみみきお)先生を迎えて、参加者同士で話をし、家庭や自分自身を見つめる機会を設けていきます。