福祉員かわら版

通巻200号:令和3年10月15日発行

うきは市を良くするしくみ
赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金にご協力いただき、ありがとうございます。

10月1日~12月31日まで展開される赤い羽根共同募金運動は、昭和22年から毎年開催され、今年で75回目を迎えます。

赤い羽根共同募金は、「じぶんのまちを良くするしくみ」をキャッチフレーズに地域の身近な福祉活動を支援する募金運動です。

うきは市内で集められた募金の約80%が、うきは市の地域福祉推進のために活用されます。

残りの約20%は、災害時のボランティア活動を支援するための資金や、県内の福祉施設・福祉団体への助成金として活用されています。
(令和2年度に集められた募金の約80%にあたる、9,948,900円が、うきは市社会福祉協議会に令和2年度事業費として配分されています。※前年度繰越額含む)

今年度目標額

9,100,000円

様々な方法で募金は集められています!

  • 戸別応分募金
  • 法人(事業所)募金
  • 学校募金
  • 街頭募金
  • 個人篤志・団体募金
  • 寄付つき商品の販売
  • 赤い羽根自販機など

戸別応分募金

街頭募金

自販機募金

学校募金

募金箱募金

事業所募金

団体募金

個人篤志

資材募金

写真:赤い羽根共同募金のPRとして、うきは市支会オリジナルの頒布資材を活用しています。頒布価格の原価を差し引いた額が募金となります。

寄付つき商品

写真:市内の障がい者施設などの事業所にご協力いただいています。売り上げの一割が募金となり、また利用者さんの工賃にも反映されています。

皆さまのやさしい気持ちをお待ちしております!

さまざまな活動に募金が役立てられています!

安心して子供を育てられる地域を目指して

ボランティア活動の充実のために

高齢者のつながり・見守り体制づくりのために

福祉を身近に感じ、考える機会をもつために(福祉教育)

当事者やその家族を支えるために