福祉員かわら版

通巻196号:令和3年6月15日発行

ボランティアセンターだより

音訳ボランティアの活動を紹介します!

うきは市には、音訳ボランティア活動を行っているグループが2つあります。

写真:「声のグループうさぎ」と「ともしび会」のボランティアのみなさんです。
年間で約40号分の広報誌を、協力して音訳しています。

「声のグループうさぎ」は主に浮羽町の方、「ともしび会」は主に吉井町の方が活動しています。

主な活動は、うきは市内で全戸配布されている「広報うきは」「ふくしのかわら版」「うきは市議会だより」「赤い羽根だより」を声に出して読み、録音し、CDを作成して、視覚障がいの方へお届けしています。

音訳する記事は、定例会で分担し、自分の担当記事は自宅に持ち帰り録音しています。

録音の際には、写真やグラフ等、どのように表現すれば、聞く方に分かりやすく伝わるか考え、工夫しています。

ボランティアの声

音訳ボランティアを始めてから、広報誌には、自分自身にも関係するお知らせや、生活に役立つ情報が沢山掲載されていることに改めて気づき、じっくり読むようになりました。
うきは市に住む全ての方に、広報誌の情報をお届けすることの大切さを実感しています。

多くの方にうきは市の情報をお届けしたい!

広報を聞いてみませんか?

音訳ボランティアの方が作成したCDは、ご家庭にあるCDプレ―ヤーやパソコン、カーオーディオで再生できます。

施設等での憩いのひとときや、自宅で家事をしながら、車で移動中など、聞いてみませんか?

希望される方は、下記までご相談ください。
※プレーヤーの機種により、再生できない場合があります。あらかじめご了承ください。

【問合せ先】

うきは市ボランティアセンター
電話 0943-76-3977