社会福祉法人うきは市社会福祉協議会

声・手・心 つないで人の輪 地域の和

ふくしのかわら版

5 令和4年5月16日発行

違いを認める

4月の『みつばちの会』で【ルールを守ること】が話題となりました。社会に出ると理不尽なこともある。本人にとって納得できないルールでもそれを守る習慣を身に付けてほしい。

そんなご家族の想いを前に、福岡デンマーク協会理事長でもあるコーディネーターの長阿彌先生が紹介した例が印象的でした。

デンマークの教室では様々な授業風景があり、一見勉強とは関係ないおもちゃやぬいぐるみが乗った机があったそうで、不思議に思い、尋ねると、教師は「何が問題ですか。」とおっしゃったそうです。

そこで大事なことは授業に集中できるかどうかであって、おもちゃ等があることで集中できるなら、問題ないのです。日本の教育の場では考えられないようなことがデンマークでは集中の助けになると寛容・肯定的に捉られています。

今は、多様性に寛容であることが求められる時代です。現在も連休後の心身の重さで学校に足が向かず、ストレスを感じている子がおられるかもしれません。「浮羽子育て研究所」として発足した前述の『みつばちの会』は彼らに肯定的に接するためのヒントが得られます。彼らを認め、共生する地域として思うところがある方はどなたでも、お気軽にご連絡ください。

不登校・ひきこもり相談・交流スペース

イラスト

家にひきこもり気味の方や学校や適応指導教室に行けないお子さんで家以外に「居場所」が欲しい当事者が集まれるスペースを設けました。一緒にこれからの事話してみませんか?

場所 うきは市総合福祉センター 1階
詳細 まずは下記番号にご連絡下さい。

◆ひきこもり相談支援員

イラスト
相良 照美(さがら てるみ)
熊野 智春(くまの ちはる)
うきは市社協 吉井事務所内
うきは市吉井町347-1
電話 0943-76-3996(不登校・ひきこもり専用相談ダイヤル)
メールでのご相談は
ufhs.mail@ukiha-shakyo.or.jpまで
(▲メールアドレス変わりました)
受付時間 平日8:30~17:15

うきは市不登校・ひきこもりを考える親の会
みつばちの会

うきは市社協では、「うきは市不登校・ひきこもりを考える会」と共催で、毎月1回家族会を開催しています。

一緒に不登校やひきこもりについて話してみませんか?

日時 第3水曜日の5/18、6/15 19:00~21:00※リモート、集合どちらでもご相談ください
会場 うきは市総合福祉センター1階 小会議室
費用 無料
内容 長阿彌幹生(ちょうあみみきお)先生を迎えて、親同士で話をし、家庭や自分自身を見つめる機会を設けていきます。